イスタンブールの買い物事情〜エジプシャンバザール編〜

先日グランドバザールのガッカリ具合について書いたが、イスタンブール旧市街にはもうひとつバザールがある。クルーズ船やアジアサイドへの船乗り場、エミノニュ近くにあるエジプシャン・バザールだ。


image037


エジプシャンバザールはグランドバザールと比べると規模が小さい。バザールの中には同様に宝石なども売っているが、店の数が少ない。それよりもスパイスやドライフルーツなどの食べ物が多く売っている。そして、なにより、雰囲気が明るい。客引きも多いけど、グランドバザールのようなインチキ臭は少なく、明るく楽しい声かけのような気がする。買い物するならエジプシャンバザールがオススメ。


Egyptian Bazzar


image031


Egyptian Bazzar

また、エジプシャンバザールの外側には野菜、果物、魚、チーズ、オリーブ、パンなど地元の人が買いに来る店が沢山ある。チーズは本当に美味しそうだし、オリーブも色々な種類があって良い匂い。果物は日本で見慣れたイチゴや桃、スイカに洋梨などをとても安く売っている。ちなみに、日本の洋梨はマズイが、ここの洋梨はとても美味しい。


Egyptian Bazzar


エミノニュ駅からエジプシャンバザールの裏側の入り口を入ってすぐ左の階段を上がると、宮廷料理レストランのHAYATがある。エジプシャンバザールの二階にある。ここは非常に美味しい。イスタンブールの美味しい店ベスト3に入る。内装もキレイというか荘厳。ここで食べたフルーツと肉を煮込んだ料理の美味しさは忘れないな。時々、伝統音楽のライブもあるようです。イスタンブールに行ったら一度行く価値があります。ただ、夜7時を過ぎるとエジプシャンバザールは閉店してバザールの周辺は薄暗く、あんまり良い雰囲気ではなくなります。その暗い通りを歩かないとHAYATには行かれません。帰りも同様、暗い通りを歩かないと駅に着かない。この点だけはマイナス。お昼に行くのも良いかもしれません。


Egyptian Bazzar