garmin etrex 30英語版の使い方

昨晩amazonに注文したgarmin etrex 30英語版が早速届いた。英文のQuick Start Manualを見ながら、とりあえず起動するところまではこぎつけた。

photo

さて、ここからが本番。etrex 30英語版にはWorld Wideの地図が最初から搭載されているが、米国本土ならばある程度詳細な地図があるが、日本などは粗い地図というか、関東にいたっては大きめの国道だけというレベル。とても使い物にはならない。なので、地図をインストールすることになる。


地図をインストールするには、garmin社製のMapSourceというSWを使う。このMapSourceはCD-ROMで同梱されているようだが、英語版には同梱されず。ネットを漁ると次の手順でMapSourceがインストールできるようになる。

  1. Garmin | Mapping Programsから"BaseCamp"というSWをdownloadしてinstall
  2. 次に同じサイトにある"MapSource"をdownalodしてinstall

このサイトにあるMapSourceはupdate版なので、これ単独でinstallは出来ないが、BaseCampをinstall後だとMapSourceもinstall可能になるようだ。


次にmap dataをdownloadしてくる。"garmin free map"とかでググると色々とヒットするので、色々と試してみると面白いだろう。


とりあえず、一つ試してみる。

  1. Garmin GPS maps - MalsingWikiから"Japan Map"へアクセス
  2. "JapanMap145.exe"というファイルがdownloadできるので、このファイルをダブルクリックすると、"c:\map\japan"以下に地図データファイルが展開される。
  3. microSDカードをカードリーダ経由でPCとUSB接続する
  4. MapInstallを起動すると、microSDカードを認識する。
  5. 先に展開された地図データを検出してくれるので、インストールしたい領域をクリックして指定する。
  6. 後はソフトの指示に従って操作すると、microSDに地図データが出来上がる。
  7. このmicroSDをetrex 30にセットすると日本地図の詳細が出るようになる。


もう一つ試してみる。コチラは最近話題のOpen Street Mapのデータをgarmin用に変換したものらしい。単純に変換したのではなく、見やすく補正してくれているとか。その辺の経緯は自転車ログ » ブルベ用GPS:eTrex30にOpenStreetMapを入れてみるに詳しい。

  1. Garmin GPS(英語版)用 日本地図データから最新版の日本地図データをダウンロードする。これをダウンロードするにはμTorrentが必要。
  2. ダウンロードしたzipデータを展開して出てきた gmapsupp.img を、Garmin GPS内のmicro SDカードなどのGarminフォルダに置く。

Open Street Mapのgarmin用データはCloudMade Downloadsからも手に入る。こちらも試してみたが、細い道路の描画線が太すぎて、あんまり良くない。拡大表示するならばよいだろう。とりあえず台北のマップデータはダウンロードしてmicroSDに格納しておいた。


ただ、バイクナビとして使うなら、ちゃんとナビが使えるマップデータを有料で購入したほうが良いだろう。

英語版ならば、地図の紹介 | UUD - GARMIN(ガーミン) GPS用 日本全国デジタル道路地図が良さそうだし、etrex 30英語版にも使える日本語地図データ、Garmin 日本道路地図 全国版 microSD版 - Garmin 専門店 TKA Planetが良さそうだ。ただ、ちょっと地図データが高いよねえ。