壊れたNV-U37の替りにGarmin etrex 30

一度ナビの付いたバイクに乗ってしまうと、ナビの無いバイクには乗れない。。。というのはオーバーだけど、ナビ付きバイクの便利さはやみつきになる。特に首都高はナビの効果が絶大だ。


壊れたNV-U37の替りを早速物色。やはりクルマ用をバイクに流用したのが敗因だったのかも。ということで、新機種は質実剛健、あるいはバイクナビ専用機を選ぶことにした。すると自ずと選択肢は減ってきてしまう。バイク専用ナビで防水耐振動のGarminのZumo660か、Garminのハンドヘルド機だろう。Zumo660がたぶんバイク用ナビとして優れているんだろうが、いかんせん、高価なのだ。取り付けも自分でやるのはちょっとシンドイぐらいに配線が多いし。片やハンドヘルド機で良さそうなのがetrex 30Jなど。ただ、これは意外と高価なんだが、etrex 30は比較的お求めやすい価格になっている。日本語対応+日本の準天衛星「みちびき」に対応しているか否かが大きな違い。etrex 30は英語版なのだ。ただ「みちびき」の効果は今のところ少ないので、純粋に日本語対応が大きな差異になる。後はetrex 30の日本語化や日本語道路マップにも対応できそうなので、今回は英語版のetrex 30を買ってみた。amazonで3万円以下だった。


GARMIN(ガーミン)Etrex30 並行輸入品

GARMIN(ガーミン)Etrex30 並行輸入品


最近話題のOpenStreetMapをGarmin対応する方法や、その他色々と自作地図をgarmin対応させる記事がネットに多く転がっている。これはもしかして、楽しいことになるかもね。今週末の台北旅行にも持っていけるかも。