バスケ撮影、再び

to you


昨日は午後からバスケの試合を撮影に某体育館へ。先週は練習試合だったが、今週は正式試合。選手も監督も気合いが入っている。毎度のことだが体育館内はとても暗い。動きが速いのでシャッター速度は下げられないので、ISO感度を上げるしかない。効果薄いけど高感度ノイズ低減を入れて撮影開始。レンズはVR300mm F2.8。シャッター速度は1/500か1/640。絞りは開放。WBは白熱灯。先日購入した90MB/secのCFを使ってみたが、連写性能向上への効果は少ない。数枚多くシャッター切れる程度かな。16GBあるので2試合程度なら満タンにはならないだろう。


試合開始からバシバシとシャッター切っていく。ゴール下に置きピンして、ゴール下の攻防の絵を撮ろうかと苦心するも効果無し。もっともっとバスケの動きを知る必要があるなあ。再来週の試合はカメラ無しで勉強しようか。


選手の皆さんへ配るため、撮った写真を整理している。みんな良い表情している。若さが眩しくて、めまいがしそうだ。