川崎はチョット雨だった

行こうか行くまいか?少し考えて、川崎に行くことに。天気は曇り。また雨が降りそう。前回同様、愛車FIAT500号で首都高横羽線経由で川崎へ。駐車場係のオイチャンから「昨日はどうだった?」と声をかけられる。「あんまり良くなかったですよ」と私。「黄色い車だから、今日は黄色の枠にかけてみなよ!」とオイチャン。う〜ん、車を覚えられているんだな。


車を止めて、場内へ。今日はカメラバッグは車に残し、DOMKEのポーチにレインジャケットやら、メモリカード等々詰め込んでみた。身軽で良い感じ。DOMKEのポーチは予想以上に大容量。後は水分補給のペットボトルと折りたたみ傘をポケットに突っ込んで撮影開始。


今日はパドックとレースを半々で撮影。パドックは馬の表情が豊かで、とても魅力的だ。馬にも感情があるのだろう。その表情に心引かれる何かがある。集中して撮影してみると面白いかもしれない。



http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3767908310/


こころなしか、昨日よりもカメラを抱えた人が多い。最終コーナーの撮影ポイントで年配の男性と若い女性から声をかけられる。話を聞いてみると、ニコン主催のカメラ教室(ニコン塾?)の方々で、動体撮影の現地実習(?)らしい。楽しそうで、自分も参加したいが、平日昼間の開催らしく、勤め人には難しそう。



http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3767109643/


競馬写真は初めてとのこと。自分も数ヶ月の経験しか無いので、同じようなものだ。自分がエプソンの競馬写真教室で畠中大先生から教わったような、具体的なノウハウは教わっていない様子。どちらかと言えば、各自の感性で自由に!という方針みたいです。


http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3767109179/


途中、雨がポツポツと降り始めたので、ラーメン屋でレバニラ定食を頂きながら雨をやり過ごす。食べ終わると日も落ちて照明も点灯。最近気に入っている、ナイター競馬写真を本格的に撮り始める。パドックは馬の足下を中心に撮影。動きは速いし、AFでピントも合わないので、MFで四苦八苦する。満足行く絵は撮れないが、なんとなく可能性を感じる。明日も(!)トライしてみるか。


http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3767109987/


そんなことをしているうちに、本日のメインレース。真面目にゴール前で場所取りして撮影。川崎競馬はプロもアマも撮影場所に大きな差はない。見た感じ、機材にもそんな大差はなさそうなので、後は腕の差。難しいねえ。


http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3767909168/


最終レースだけは真面目に予想して馬券購入。しっかり取らせて頂きました。交通費分ぐらいだけど。