Windows Media Playerで音楽転送してみた

HT-01AはWindows Mobile端末なので、当然、PCのWindows Media Playerから音楽を転送(同期)する機能をもっている。メモリカードもmicroSDHC 8GB(最近は\1,500で買える!)まで対応している。手持ちのiPod 60GBは車載専用となっているので、HT-01AをiPodの代わりに使うべく色々とやってみた。


HT-01Aの裏フタを外して、microSDHCを挿入。フタを戻してPCと接続。ActiveSyncが起動していつものようにアドレス帳などを同期し始める。これが終わったら、PC上のWindows Media Playerを起動。同期のタブをクリックして、転送したい音楽をドラッグ&ドロップしていき、右下にある同期ボタンを押すと、PCからHT-01Aに音楽転送が始まる。


このままスルリスルリと転送が完了すると思いきや、まず、転送が遅い遅い。USB1.1なのか?と思うくらいだ。そして、転送が途中で止まる。転送数が少なければ問題ない。50曲ぐらいなら問題なさそう。それ以上だと途中で止まる。原因はActiveSyncがアドレス帳などを再び同期しようとすると、ActiveSyncとMedia Playerの両方とも止まってしまうようだ。3回試して、3回とも同じ症状。


で、microSDHCカードをメモリカードリーダーに入れて、PCからmiroSDHCに直接書き込んで、これをHT-01Aに戻すと上手くいった。HT-01A側のWindows Media Playerの「ライブラリの更新」で上手く認識してくれるようだ。



Windows Mobie端末は、相変わらず一筋縄ではいきません。