昼の学校夜の学校

読む本が無くなったので買ってみる。「本を読もう」という気分になれるほど、左目は回復したということだ。

昼の学校 夜の学校

昼の学校 夜の学校