雨の銀座でElmarit 90mm

予定より早く終了。東海道線に飛び乗り、銀座へ移動。今日は時間が空くことを見越してカメラ持参。先日Y氏よりお借りしたNOCTON Classic 40mm F1.4と専用ビューファインダを装着。雨に濡れた銀座を撮影しようと目論んだが、思いの外雨足が強く撮影枚数はのびず。傘をさして、カメラを構えるのは難しい。薄暗くなってきて、ネオンが濡れたアスファルトに反射してキレイなんだけどねえ。

銀座へ来た本当の目的は90mmレンズを探すことにある。来月はオペラリサイタルの撮影も予定されているし、少しポートレートも撮りたいし、今月のテーマ「スポーツ」もあるし。一応目星は付けてあって、M-Hexanon 90mm F2.8の新品(海外向け)が第一候補。これは中野のカメラ店Fで売っていることは分かっている。ただ、中古や委託品扱いの多い(と思われる)レモン社で、ライカレンズの中古をチェックして、良い出物が無ければ中野に移動することにした。

雨の中銀座教会ビルへ向かう。ライカレンズ中古の棚に直行。すると。。。流石はレモン社!ある!あるんだなあぁ!程度の良い出物が!1977年製のSummicron 90mm F2と現行Elmarit 90mm F2.8が同じ値段で、しかも先に目星を付けていたM-Hexanon 90mm F2.8新品と同じ値段なんだな。つまり三本同じ値段。値段同じならライカの中古に決定。Summicronは評価AB+で問題。Elmaritは評価Aでほぼ新品。どちらにするか散々悩む。Summicronは前玉大きくて猛烈にカッコイイ!ただ大きくて重い。Elmaritは絞り一段暗いがそれでもF2.8。少し小さいといっても410g。自分のMPはファインダー倍率が0.58。これで90mmのピントをキンキンにあわせるのは難しそう。しかもF2開放だとかなり気を遣いそう。結局1段絞って使うなら、現行Elmaritの方が無難そう。それにSummicronの内蔵フードが少々ガタガタだったのが気になった。このフードを動かさないと絞りリングが出てこないので、使うたびにフード動かしていたのでガタガタになったのだろう。見た目だったら迷わずSummicronなのだが、真面目に長く使うことを考えてElmaritに決定!またまた散財してしまった。。。本当に今年中はもうレンズは買わないぞ!本当だぞ!