ダ・ビンチ・コード読破

あっという間に読破。聖杯をテーマにしている割には軽い。もう少し深く描写しても良かったと思う。一番気になったのはヒロインのソフィー・ヌブーの描写。暗号担当の捜査官なのだが、単なるトラブルに巻き込まれた女性という雰囲気で、知性を感じさせる描写が無い。なんともハリウッド的でちょっとげんなり。この軽い内容で文庫本3冊とは。本当にこれがベストセラーとは信じられない。