weba

Google Maps APIで地域情報SNS 口コミを共有 - ITmedia ニュース

早速登録して使ってみた。足跡マークが昔のHANG TENを思い出させる(ブランドとしてまだ残っているみたいだけど)。ロケーション情報も記載できるSNSなん
だが、Google Map APIをフル活用という雰囲気ではない。この先どう発展するの?というかしぼんでしまいそうで、ちょっと心配。ユーザー同士でリアルでの行動範囲が分かるから、そこからコミュニティが。。。となるか?同じ店がすきだからコミュニティ形成されるならば、地図情報は必須では無いし。地図上でリンクしない情報ってのがあるのかも。

同じ時期に始まった。わんわんワールドの方がGoogle Map APIフル活用っぽい。わんわんワールドは次の展開が読めないというか可能性を感じます。「わんわん」発言を止めて、普通の日本語で発言し始めると面白そうです。そんな雰囲気も少し出始めているし、ちょっと期待です。「わんわんわん」を止めてみましょう。というか犬のアバターも止めて、ユーザー画像アイコンで良いのでは?犬アバターだから「わんわん」言ってしまうのかも。しかし、犬アバターだから気軽に発言出来そうな気もする。