万年筆掃除

どうやら仕事場に置いてある万年筆インクはブルーブラックで、自宅のはロイヤルブルーであることが今頃分かった。伊東屋で買ったときには、舞い上がっていて、何色のインクを買ったのか覚えていなかったのだろう。自分ではブルーブラックを買ったつもりだったんだが。

大抵万年筆売り場の試し書きインクの色はブルーが多いと思われる。少なくとも伊東屋と丸善OAZOはブルーだ。で、Mont Blancを買ったときに、試し書きと同じ色のインクを買った、というか付けてもらったのかもしれないなあ。

後日、仕事場用に同じインクを買ったつもりだったのだが、これがブルーブラックを買っていたんだな。自分としてはやはりロイヤルブルーの方が好きなので、ロイヤルブルーで統一することにした。仕事場用にロイヤルブルーをもう一本買わなくては。

今、Mont Blancの中に入っているブルーブラックのインクを抜くために、万年筆の掃除を実行。プランジャーを回してインクを抜く(というか絞り出す)。しばらくぬるま湯につけて、古いインクを流し出す。最後にきれいなぬるま湯をプランジャーで出し入れして、新しいロイヤルブルーのインクを入れる。やはりこの色がしっくりくる。