SONYの一眼レフ

ソニー、デジタル一眼レフ世界シェア20%を目標に

ソニーは20日、コニカミノルタホールディングスからのデジタル一眼レフカメラ事業の譲渡を受けて将来、デジタル一眼レフの世界シェアで20%以上を目指す方針を明らかにした。

今夏にはソニーとして初のデジタル一眼レフカメラを発売する方針。「ソニー内部の幅広い技術を生かして、新しい切り口の製品を出す。カメラメーカーとしての地位をしっかり確保していきたい」

そもそも一眼レフ自体が面倒で手間がかかるカメラであって、そんなものを有り難がってわざわざ使うのは、本当に趣味の世界(あるいは職業)だからだと思う。そういう世界には、そのカメラを保有する人を魅了する伝統、伝説、歴史と実績が無いと成立しないじゃないかな。写真を撮らずカメラを眺めて一晩語れるくらいの「無形の何か」が必要なんだと思う。

コニカミノルタというよりミノルタから一眼レフの資産をソニーが受け継いだとしても、市場からは新規参入にしか見えないだろう。例えば「新しいコンセプトの一眼レフ」という市場が成立するだろうか?新しい一眼レフ購買層(中高年ではなく)を開拓出来るか?と、いろいろと考えていくと、ソニーのデジタル一眼レフカメラ事業は失敗するんじゃないかなあ、と悲観的になってしまいます。