徒然

http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/column/stress/stress11.html

上記より抜粋。

心理学者メーラビアンの研究(『Silent messages』、『Nonverbal Communications』)

コミュニケーションで人の印象を決定する要素のうち、言葉(話の内容)の割合は全体のわずか7%にすぎません。人の印象にとって主要な要素は、言葉よりもむしろ「態度や物腰(身振り手振りも含む)」でした(全体の55%)。2番目は「話し方(声のトーン、話すスピード、呼吸、間の入れ方など)」で38%という結果が出ています。これらは電子的に伝えられない、「アナログ情報」とも呼ぶことができます。