昨日、長時間音楽をテストしてみた。カタログ表記は14時間だが、実使用だと6時間くらいはなんとかなりそう。丸一日の外出でもなんとか音楽をたのしめそうだ。

このデバイスを側面から見ると、底面部分が斜めにカットされたデザインになっている。さらに底面を見ると右にLINE OUT用の丸い穴がアルミパネルに直接あいている。左にはゴムふたがあり、そのゴムふたの上にUSB端子口とACアダプタの穴があいている。このゴムふたの用途を、斜めにカットされたデザインと合わせて考えると。。。GRANDISKの初期設計にはクレイドルがあったのではと推測する。斜めのカットはクレイドルに斜めにセットするのにピッタリだし。ゴムふたの部分はUSB+電源供給の専用端子があったのでは?コストの関係でクレイドル構想はボツになったのではないだろか。