自転車通勤

二日連続の自転車通勤。吐く息は真っ白。寒い。往路からシューズカバー、手袋2枚、ネックウォーマと重装備。昨日と違って日差しは強いので、走っているうちに暑くなる。途中藤沢でネックウォーマは外す。なんとなく走りが重い。昨日も走ったので疲れが残っているのか?自転車の調子が悪いのか?最後に二日連続だったのはいつだろうか?朝ご飯が足りなかったか?などと考えつつペダルを回す。CP唐ヶ原では49分。いつもより数分遅い。まあ、天気が良い、富士山も綺麗、少々ゆっくりでも良いでしょう。ROADだと景色を楽しむ余裕が無く、とにかく速く走ることが目的になってしまう。あぁ、はやくトランジット スーパーライトが到着しないかなあ。

仕事場にてN氏と折り畳み自転車談義。N氏所有のBD-1のOEM車は、走りは抜群。だが、それは折り畳みとして抜群であって、ROADとは比べるまでもない。N氏曰く直進安定性が弱いと。フロントフォークのオフセットが少ないのでは、と分析していた。なるほど。走りを優先していうので、折り畳んでもかなり大きい。電車に乗るのはまず無理とか。対してトランジットは、走りはまるで駄目。連続走行距離5kmが限界だと思っている。だが、折り畳んだサイズはコインロッカー中型サイズで、重量も7.2kgと折り畳みではかなり軽量。都内の移動には最適、と妄想している。上野〜アキバ〜お茶の水下〜神保町〜新宿とか。シブヤ〜原宿〜表参道〜六本木とか。歩くと30分くらいの距離をスイスイ移動出来たら楽しいかなあと。

帰路は心も体も重くペダルが回らない。開き直ってのんびりと走る。そんなときに鍵って向かい風が強くて閉口。それにとても寒い。今年の自転車通勤で一番辛いかもしれない。色々なことが頭の中を駆け巡る。貪欲で嫉妬深い人々に幸せが訪れる日は来るのだろうかと。考えていると人間の汚さに吐き気がしてくる。滅入るよ、本当に。気分転換にコンビニで缶入りコーンスープと肉まんを買う。暖かさが嬉しくて。。。きっと三億円持ってても不幸な人もいるし、150円の肉まんで幸せな人もいるのだ。要はその人の気持ち一つであって、大切なことは目に見えないんだった。良いことも悪いことも、全て良しとして受け入れるなければ。