ヒポクラテスたち、ではなく

夕刻に某MGRとMTG。Funking Offな仕事にケリをつける。申し訳無いがハッキリといわせていただいた。「約束は果たした。これで終わり。」と。良い気分だ。終了後そのまま退社。横浜か町田へと考える。町田とした。いつものソフマップ、レコファンのコースは止める。何故かヨドバシへ。デジカメ等物色。CANON G2はやはり良いかも。デジカメ用のポーチなど物色するが良いもの無し。ヨドバシのポイントカードが二枚あったので、一枚にまとめてもらう。ポイントが予想外にあることが判明。急遽DVDなど欲しくなるが、先週買ったばかりなので我慢。ハンズへ移動。現在の通勤用のメッセンジャーバッグが中途半端に大きいので、小さ目のウエストバッグなど物色。サイズ、色、デザイン、値段などで折り合わず。そのまま帰宅。帰宅途中で戸川昌子「処刑台の祭り」を読破。最後まで軽い人物描写。印象が薄い。展開が早すぎ。もう少しじっくりと描写しても良いのでは。桐野夏生「天使に見捨てられた夜」を読み始める。展開は早いが人物が濃い。まあまあか。ビデオ「ヒポクラテスたち」を鑑賞するつもりだったのだが、TV「ルパン三世VS複製人間」を見てしまう。何度目の鑑賞だろうか。