文書生活 : TEXT LIFE

文書のある生活

SR400: 犬吠埼ツーリング

週末に犬吠埼までツーリングに行ってみた。

SR400: 朝一番のフェリーで房総半島 - 文書生活 : TEXT LIFE

以前にフェリーで房総半島に渡って犬吠埼を目指したけど大渋滞でたどり着かなかった。今回はそのリベンジでもある、というほどの目的意識は無くて、ただ走りたかっただけなんだけど。

早起きして6時ぐらいに出発。KADOYAの革ジャン、Power Ageのインなプロテクター、mont-bellの長袖シャツ、Iron Heartのデニムにニーシンパッドといつもの装備。今日はRSタイチの新しいウエアは使わなかった。北海道ならまだしも夏場の関東では使わないだろう。暑そうだ。

フェリーは使わずに高速道路を多用する。前夜の雨で路面が濡れていてイヤな感じ。路面の乾いたところ狙って走るが、湾岸線は交通量が多いわりには乾いていない感じ。大井PAで小休止。

予報は晴れで気温も上がるとのこと。実際には薄曇りで気温は上がらない。日が昇りきっても気温20℃以下。湿った空気が涼しくしているのかもしれない。千葉県に入ったところで霧が出始めた。路面はしっとり濡れたまま。嫌な感じだよねえ。気温も上がらないし。

これだけ濡れていると路面のペイントで滑りそうで気を使う。トラックからの飛沫でヘルメットバイザーも汚れるしバイクも汚れているだろうなあ。SP忠男のPower Boxの調子が出てきた?のか最初の頃にあったイヤな振動が減ったような気がする。自分がなれただけなのかもしれない。足元の振動は変わらないが、ハンドル周辺の振動は減っている気がする。100km/h巡航は確かに楽になっている。ノーマルの時の息も切れ切れな感じは減って、100km/hで走り続けられそうな気がする。そこからもう少しアクセルを開けても、苦しい感じは無くて、もう少しパワーが出せそうな予感を感じさせる。実際にパワーが出るわけじゃないけど。

千葉県北部の主要国道を通りつつ犬吠埼に向かう。神奈川県内よりも交通量が少なくて走りやすい。千葉県内は東京埼玉神奈川と比べると落ち着いた雰囲気がある。暮らしやすいのかもしれない。

09:00ぐらいに犬吠埼灯台に到着。霧がひどくて何も見えない。水平線も見えないし。灯台の周辺は霧がないけど、水平線は見えない。地面や水面からモヤが立ち上がっているような感じで、どんどん湿度が上がっている。加えて気温も上がってきて、熱中症になりそう。

以前に来た時は車もバイクも一杯だったが、今日はガラガラ。天気が悪いからか時間が早いからか。お土産物屋さんは10:00開店で客も居ないし。ちょっとガラの悪いバイクが多くて落ち着かない雰囲気だったので早々に退散することにした。

霧がひどくなってきて、灯台もみえなくなってきた。これは良くないよねえ。

ここから来た道を帰ると昼過ぎに帰宅してしまうので、ちょっと遠回りすることにした。犬吠埼から神栖を回って潮来に移動。そこから高速に乗って圏央道をぐるっと回ってみることにした。これはPower Boxの調子が良いので、もう少し乗ってみたい気分だったのだ。

しかし圏央道に入ると片側1車線で安心して走れる雰囲気では無かった。スグに煽られそうになるし、追い越し用車線ではバンバン抜かれるし、あまり楽しくない。久喜白岡JCTから東北道に入って東京方面に向かう。蓮田SAで昼食を食べようとするが、フードコートが満席で食べる場所が無い。たまたま空いたカウンター席をキープしてすた丼を食べてお腹を満たす。お腹が減っていた訳では無いが、エネルギー補給しておかないとバイクが不安定になるからな。

バイク駐輪場にはハーレーやら隼など大型ばかり。しかも皆さん軽装なのね。半袖Tシャツ、ジェットヘルメットで隼に乗っている人いるし。暑いのは分かるけど、大型バイクのパワーで軽装のままコケたらミンチになりそうだよ。プロテクター付けるぐらいならバイクに乗らない、とかいう心情の人たちなのかもな。ハーレー乗りが軽装なのはアウトロー気取りなので分からなくはないけど。

蓮田SAから先は首都高に入ってC2に入る。トンネルは日差しがなくて涼しいかと思ったが灼熱地獄でサウナ状態だった。素直に銀座を回れば良かったなあと思ったが、仕方ないのでサウナの中を大井の出口を目指す。こういう時は車のエアコンがウラヤマシイ。湾岸からK1に入ってあっさりと帰宅。無事に帰宅できたことを感謝です。

走行距離は500km近くになった。高速道路とはいえ1日500kmはSR400には厳しそう。そう考えると、計画中の北海道ツーリングでは1日200kmから300kmは妥当かもしれない。一般道だからどうかな?200kmぐらいで抑えておくのが良いのかもな。

今回のルート

 

SR400: 北海道ツーリングの準備を始めよう: バッグ

昨年のお遍路ツーリングではGlobe Trotterの18inch Air Cabinを持っていった。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/ydf/20211023/20211023193115.jpg

ギリギリ全部の荷物が入った。着替え等に加えて、雨具(レインウエアとレイングローブ)、工具と予備パーツ、スリッパなども全部。かなりギリギリというか着替えなどは減らして詰め込んだ。お遍路中に雨に振られて雨具を出す時に、Globe Trotterをキャリアから外して、開けて雨具を出して、もう一度キャリアに固定する。加えてGlobe Trotter用のレインカバーが中に入っていて、雨の中でレインカバーを出すのも面倒だった。この作業を雨の中で行うのはとても大変で、というか無理があった。

ホテルにもGlobe Trotterを持ち込むので工具なども一緒に持っていくという無駄もあった。

なので、今回の北海道では最低でも雨具と工具はGlobe Trotterには入れずに、別の車載バッグに入れたい。SR400に合う良い感じのバッグは中々見つからず、色々と悩んだ結果、デイトナのナイロン製ツールバッグにした。レザー製もあってカッコよかったが耐候性と価格を考えてこちらにした。常用はせずロングツーリングの時だけだろうから。

1個では足りないだろうから2個を左右に付けてみた。

いい感じなのだが、この上にGlobe Trotterが乗ると、ツールバッグがウィンカーを押し下げそうでイヤだったので場所を変更してみた。

ウィンカーの前のスペースにちょうど収まる位置に移動させた。こちらも収まりは良い感じ。ヘルメットホルダーにもギリギリ干渉しない。

多少サスに当っているのが気になるがタイヤとのクリアランスは大きい。念のためサイドバッグサポートを付けたほうが良いかもしれない。あれ、あまり好きじゃないけど安全のために付けるかなあ。

上からみるとウィンカーの前に位置する感じになる。容量は1個で3.5Lある。片側に工具と予備パーツ、片側にレインウエアとグローブ、Globe Trotter用のレインカバーを入れても大丈夫だろう。ホテルではGlobe Trotterのみ持ち込んでツールバッグはそのままだな。

ちょっと気になっているのは、このリアキャリアの下側の空間が丸々空いていて、何か非常用の荷物など入れておくのに丁度良い感じなのだ。お遍路で諦めた荷物、折り畳み傘とかサンダルとか、持っていけないかなと考え中。

もう一つ解決したいのが、Globe Trotterを強力に固定したつもりなのだが、滑り止めのゴムシートも敷いていたのだが、ブレーキの時に少しずつ前にズレてきて気になった。ズレないように何か金具を作って設置すれば、安心感は増すな。これも考えよう。

SR400: 北海道ツーリングの準備を始めよう: 情報収集

夏の北海道ツーリングの準備を少しずつ始めた。とりあえず情報収集から着手。ネットでの情報は最新の情報はあるけど、まとまっていないことが多い。それでも北海道の自治体や行政が主体となってまとめているサイトがある。古のネット用語「まとめサイト」に近い。

ネット黎明期には「まとめリンク集」が多々あって非常に有益な情報源だった。リンク集がネット検索エンジンに取って代わったが、検索エンジンビジネスに毒されて、検索結果の品質が著しく低下しているので、今再び「まとめリンク集」が重要かもしれない。そういうなら、自分でも作ってみるのも良い。以下のサイトは5chバイク板の北海道ツーリングのスレッドから拝借した。

 

二輪便利帳 [北海道ツーリング]

見た目はシンプルだがスマホで(ガラケーで?)見ることを想定しているのかも。1999年から運用されている歴史あるサイト。

 

国土交通省北海道開発局 北海道地区道路情報

北海道は通行止めが多いような気がする。国土交通省の情報サイトなので確度は高い。例えば苫小牧フェリーターミナルから支笏湖経由で洞爺湖に行くには「美笛峠(R276)」を通るのだが、ここは現在通行止め。美笛峠は2022/07/16現在は通行可能。

 

【公式】北海道の観光・旅行情報サイト HOKKAIDO LOVE!

北海道公式観光サイト。幅広く観光情報をまとめている。ツーリングルートを考えるのに観光モデルコースが参考になる。

 

北海道の道路情報総合案内サイト【北の道ナビ】

国立研究所土木研究所 寒地土木研究所が運営する北海道の道路情報総合案内サイト。北海道開発局、北海道、札幌市、NEXCO東日本が監修している。情報の確度は高い。「シーニックバイウェイ」の詳細情報がある。

 

※上記まとめリンク集は随時更新していく

 

後は書籍、ムック、雑誌など。

北海道ツーリングの書籍の最新版。シーニックバイウェイの情報や地区ごとの観光スポットなど情報満載。ツーリングルートのモデルをいくつか紹介して欲しかった。

 

これは北海道以外の情報も多いが、北海道に関しては有益な情報。ツーリングルートを考える時には参考にしている。関東近郊の情報がないのは、関東近郊に絶景が無いから。

 

老眼がキビシイ人には、ツーリングマップルよりも紙面も文字も大きいツーリングマップルRがオススメ。リング綴じの好き嫌いはあるし、大きいのでタンクバッグには入らないけど、読みやすさを優先したい。自分はスマホアプリのサブスクを契約しているので、今年はツーリングマップルは購入しなかった。R版を2冊買うと年間サブスク料金と同じぐらいになる。

ツーリングマップル書籍版とアプリの購入事例をツーリングマップル編集部がシミュレートしているので参考になる。

www.touring.mapple.net

※書籍情報も随時更新していく

 

YouTubeにあった北海道ツーリングの情報。経験者のお話なので参考になる。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

SR400: SP忠男Power Box試走

SR400は先週末にSP忠男のPower Boxが付いて戻ってきた。時間が無くてPower Boxの効果を試すことが出来なかったので、今週末に試してみることに。天気は曇りで雨が振りそうなので遠出はせず定番コースの三浦半島一周とした。高速道路(横横)とアップダウンと市街地があって一通りは試せる。

6時過ぎに出発。Power Boxの影響は足元の振動が増えた気がする程度で大きな変化は無い。ただなんとなく、走りやすい気がする。スルスルと前に進む感じ。低回転時のストール直前の神経質な感じが無くなったかな。少し気楽な感じがする。

港南台ICから横横に入る。本線合流で加速すると、おぉ、振動が大きい。振幅が多少大きくなったのと、振動の角が取れた感じというか。以前の振動をガタガタと表現すると、今の振動はドボボボという感じ。以前に乗っていたドラッグスターの低回転時の振動に似ている気がする。ちょっと違う感じだけど、アメリカンバイクの振動に少し寄った感じかと。

制限速度の80km/hで走る限りでは以前と大差ない。ここから加速していくと、ドボボボとい感じが大きくなっていく。力強い雰囲気だが、いや実際に力強いかも。でも車体には良くないかもなあ。やっぱりSR400には高速道路は80km/h巡航が良いと思う。

横須賀PAで小休止。雨予報なのでバイクは私だけ。せっかくの土曜日だけど梅雨入りしているので仕方ない。気温は20℃と低め。今日は北海道ツーリング用に買ってきたウエア、RSタイチのドライマスターの上下を着てみた。上着の下にはmont-bellのインナーダウンと長袖Tシャツ、パンツの下には膝丈のタイツ(モモヒキ)を履いている。ちょっと暖かいぐらいなので、気温15℃ぐらいならこの組み合わせでちょうど良い。これより寒かったら、下に薄手のフリースを追加すれば良いかも。

横横を馬堀海岸まで走り一般道に入る。車通りも少ないしバイクも少ない。天気悪いからな。Power Boxの効果なのか、2000回転でテレテレと走ることが出来る。4速2000回転で40km/h、5速2000回転で45km/hぐらいで巡航できる。これは良い感じだ。確かに少しアメリカンっぽい走りになる。

三浦半島の先端の宮川公園まで一気に走る。駐車場にバイクは無し。本当に走っていないねえ。そのまま通過してR134を鎌倉方面に走る。車は増えてきて走りづらく、時々渋滞している。Power Boxは神経質な感じは無いので、渋滞でも以前と同じ感じ。若干の振動ぐらいかな。

海沿いもそれほど渋滞もなく、のんびりと走る。海岸では海の家を作っている。ことしは海水浴場がオープンするのだな。人が増えそうだ。江ノ電と並走して、絵に書いたような風景を味わう。晴れていれば素晴らしいが、晴れていれば大渋滞だ。

途中で気温が上がってきて暑くなったので、インナーダウンを脱いで丸めてウェストバッグに押し込む。ダウンは小さくまとまるのが良い。帰りの江ノ島から藤沢あたりは渋滞していたがスルスルと帰宅。走行距離100kmの一般道で3時間半ぐらい。信号や渋滞が無かったら3時間ぐらいか。北海道の100kmを走るにはどのくらいの時間がかかるのだろうか。

SR400: SP忠男 Power Boxが付いた

今回の1年点検と当時にSP忠男のPower Boxをつけてもらった。

SR400号の1年点検とSP忠男のPower Box - 文書生活 : TEXT LIFE

フロントブレーキ不具合の方が大事になってしまって、Power Boxの影が薄れてしまった。本来のメインイベントはPower Boxだった。YSPの店員さん曰く「体感がかなり違う」とのこと。ネットには賛否有るが、概ね好印象だと思っている。

写真はYSPから10分ほど走ったところで撮影した。正確にはYSPでフロントブレーキのテストなどで走っているので、Power Boxを付けてどのくらい走ったのか不明。ネットにあったようにステンレスが焼けて茶色っぽくなっている。形はノーマルと比べると一回り太いが、言われなければ気が付かない。Power Boxのロゴは目立たないと思う。

で、実際に走ってみてどうかといえば、10分間一般道を走っただけなので、正直良くわからないかな(笑)。乗るのは久しぶりだし。それでも注意深く観察してみると。。。

・足元の振動は少し増えたような気がする

・2,000 rpm以下でノッキングしない気がする

・2,000 rpmから3,000 rpmへアクセル開けるとスムーズな気がする

・上記を言い換えると、走りがスムーズになった気がする

気のせいかもしれないレベルの違いだと思う。それでも満足感というか可能性が少しだけ広がった気がする。峠と高速で試さないとな。

少しタイトめなカーブを曲がって上り坂が始まる伊豆スカイラインとかで効果が出そうな気がしている。期待しているぞ、Power Box!!!

SR400: 1年点検が終わった

SR400: フロントブレーキがYSPに届いたらしい - 文書生活 : TEXT LIFE

町内会のお仕事が終わって一休みした後で、YSPから連絡があった。1年点検が終了したので今日の夕方にはお渡し出来ます、とのこと。これは良い話だ。明日から天気が悪い予報なので、今日のうちにSR400を受取りに行きたい。夕方に受取りに行く連絡を入れた。

YSPはバイクやクルマで行くには良い場所にあるのだが、公共交通機関だと行きにくい。路線バスを乗り継ぐか、地下鉄で遠くまでいってバスに乗るか、徒歩で行くか。どの手段でもかかる時間はほぼ一緒。時間に余裕もあるので徒歩で行くことにする。時間が余ったので途中のホームセンターで工具など物色してからYSPへ到着。

支払い明細を見せて頂くとブレーキディスクマウント、ブレーキディスクは保証範囲内とのことで無料。かなり工数がかかったと思われる。お手数をおかけしてしまった。

そのフロントブレーキ不調の原因はブレーキディスクマウントの精度不良だったらしい。そのブレーキディスクマウントをキャストホイールに取り付けるのだが、取付時にギリギリだったとか。それを無理矢理取り付けたので歪みが出てしまったらしい。パーツの精度不良とのこと。これはヤマハ発動機に確認したら数件同様の不具合が報告されていたらしい。

ブレーキの不具合でしかも同様の不具合が複数件報告されていたら、自分の仕事場で言うところの重要品質問題になって緊急対策会議と恒久対策の立案検討に入るところだが、ヤマハ発動機はどうなんだろうか?最悪死人が出てもおかしくない状況だとおもうが。。。恐らくパーツの精度確認は重点的に行われるのだろう。課題は精度なのだから。

自分の場合はブレーキディスクマウントの精度不良があるのにブレーキ使っていたので、ブレーキディスクが歪みが出てしまった様子。ちなみにスポークホイールだとブレーキディスクマウントは無いので、この不具合は出ない。

フロントブレーキ以外の不具合は無し。リアブレーキの鳴きはリアのキャストホイールとドラムブレーキシューの当たりを直して、遊びを調整したとのこと。

時間はかかってしまったが、1年点検は無事に終了。良かった。

北海道ツーリングの前にもう一度簡単に点検してもらったほうが良いかも。

町内会のお仕事

1年ほど前に町内会の役員を押し付けられた。その時にドサクサに紛れて、こちらがよく分かっていないと知りながら、2つの役員を押し付けられた。もう最低。

一つは町内会ではなく、地域防災拠点の副委員長と事務局。2ヶ月に1回行われる地域防災拠点の運営委員会の開催と資料作成、年1回の地域の防災訓練の準備と運営、年1回の総会資料作成。総会資料とは自治体に提出する活動報告書であり、要はこれで予算を頂くためのものだ。こちらは比較的システマチックに行われているので、面倒だがなんとなく存在意義が分からなくもない。

もう一つは町内会の防災担当役員。これ名称が先の地域防災拠点と似ているので、役員は1つかと思っていたが、ここに書いている通り別物だった。これは何をするかといえば、特に決まっていなくて、例年やっているようなことを踏襲してやることになるのだが、これが、もう、田舎臭くて辟易してしまう。要はこれは、町内会会長の実績づくり。町内会として積極的に活動していますよ、と自治体に報告するアリバイと言っても良い。要は、地域防災拠点と同様に予算獲得のためである。

その町内会会長から「町内会で防災訓練をやってほしい、あなたの主導で!」という最高に意味不明な依頼を出されてしまった。先立っては防災訓練の素案をいくつか提案して欲しいとのこと。それならばと[1]新型コロナ感染拡大防止のため中止、[2]消防団に頼んで何かやってもらう、[3]自治体に頼んで何かやってもらう、の3案を出した。当然の優先順位付け。しかし町内会会長はこの優先順位を反対にして、逆提案してきた。何なんだろうね。色々と話を聞いてみると、老人達が町内会で何かやってほしい、との依頼が来ているらしい。その「何か」としての防災訓練だと。

こちらとしては全くやる気は無いので、放置しておいたら、会長の方で勝手に進めて自治体に講演依頼をだしたとのこと。それならば町内会の会館があるので、そちらで開催すれば良いと思っていたら、なんと神社の近くの広場で開催したいとのこと。会館だと人が入り切らないとか。そんな馬鹿な話があるか?そんな自治体の話など聞きたい人がいるのだろうか?

(ここからが問題だったのだが)

その広場で老人がたくさんくるので、広場にパイプ椅子を並べて欲しい、とのこと。誰が並べるの?と聞いたら「あなたです」と。。。そんなパイプ椅子がどこにあるのかと聞いたら防災倉庫にあるとな。防災倉庫ってどこにあるの?その広場からバス通りを少し行ったところにあると。それをトラックで運ぶのですか?聞いたら、なんと「リアカー」で運ぶのだと。。。戦前かよ。。。軽トラとか無いのかよ。。。しかも必要数運ぶには2往復と。。。

雨天の場合は中止だったので、必死で雨乞い、レインダンスも踊った。そのかいあって、2日前までの予報では大雨だったが、前日の予報になって曇りになってしまった。生贄が足りなかったのかも。

雨降る気配なしで、防災訓練は決行された。当日は朝から広場の草刈りから始まっていた。参加者の皆さん、気合が入った農作業ウエアに身にまとい、地面に座り込んで草刈りしている。何が皆さんを駆り立てるのか意味不明で、端の方で何かしているフリしながらポカリスエットを飲んでいた。

おおかた草刈りが終わってしまって、テンションの上がった農作業ウエアの皆さんの中から力のありそうな人数名にお声がけして、防災倉庫まで来ていただいた。ほぼ朽ち果ててラピュタ帝国にありそうなリアカーを起動して、倉庫の扉を開けると、テンション上がった人が中に飛び込んで椅子を出し始めた。こちらは仕事するフリしつつエナジー最小限で細々と。すぐにリアカーは満杯になったので、リアカーを移動させるのだが、流れ的に私がリアカーを引くことになった。どんな罰ゲームの羞恥プレイなんだか。気分はどん底まで沈み込む。交通量の多いバス通りを、クルマがビンビン走る中をリアカーを引く。リアカーに気づかなかったトラックに突っ込まれたら即死だ。

なんとか広場まで到着して、早々にパイプ椅子を下ろす。その前にブルーシートを皆さんに渡してあったので、ブルーシートを広げて、その上にパイプ椅子を並べる。これ以上運びたくないので、感覚を空けて並べていたら、どこかのジジイが間隔詰めて並べ直しやがった。クソジジイ○ね!おかげでもう1回リアカーで椅子を運ぶことに。加えて大きな折りたたみテーブル2個も持って来いとか言い出して、もう勘弁して欲しい。

ふとリアカーを見ると、そこにはもう無くて、誰かが空のリアカーを引いて倉庫に向かったらしい。ここで待っていたら勝手に椅子を運んでくるだろうが、それも居心地悪いので、のんびりと倉庫に移動する。既に積み込みが始まっているので、なんとなく仕事やっている感をだしつつ、再びリアカーを引いて広場に戻る。もうヘトヘトだよ。

自治体の人が来るまで20分ほど時間があったので、一旦帰宅して糖分と水分を補給。適当に戻ると既に自治体の人が来て講演の準備をしていた。見れば、並べた椅子には老人達がびっしりと座っている。皆さんこういう町内会のイベントが好きなのね。自分からすると信じられないが、おそらく戦前から価値観が変わっていないのかも。

自治体の人のお話は30分ほどで終了。自治体の人もお疲れ様だ。休日勤務だよなあ。本当にお疲れ様です。その後はパイプ椅子とテーブル、ブルーシートを倉庫に戻さねばならない。が、老人達が椅子から動かない。ご近所の人とお話に花さが咲いている様子。もう勝手にやってくれとのことで、空いた椅子をガシガシと片付け始めると、渋々どいてくれた。なんで嫌な顔されなければならないのかねえ。

再びリアカーにパイプ椅子を積んで倉庫まで2往復。テンションの高そうなご老人に倉庫に入ってもらって椅子を入れて頂く。自分はリアカーから下ろすだけ。もうこちらのやる気はゼロなのよ。早く帰りたくて仕方ない。パイプをキレイに入れ直し始めたので、もう外から傍観するだけにした。ポケットに押し込んでいたペットボトルのお茶を飲んで終了モード。ご老人は気が済んだようで、満足したように倉庫のカギを締めて終了。お疲れ様でした。本当にお疲れ様でした。

実は昨年の防災訓練の話があったのだが、その時はコロナを理由に中止になった。今回も中止と思ったが、世の中的にもイベントオッケーな空気に満ちているので、やらざるを得なかった。町内会の役員の任期は1年を切っている。これで二度とやることはない、と思っているのだが、今回の防災訓練に記を良くした町内会会長が「秋にも防災訓練を」とか言い出した。残念ながら秋には長期の休みを取って四国のお遍路+九州ツーリングに行くので、そんな暇はありません。悪しからず。