新しい自作PC

メインの自作PCが起動しなくなったので、早速新しい自作PCを作ることに。価格.comで調べると、最近は最安値はamazonだったりする。秋葉原を歩き回っても、格安パーツは手に入らないのかも。時代は変わった。ただ、PCパーツはかさばるし、重たいので、秋葉原で買い集めるのは結構大変。なので、ネット通販で最安値に近い値段で買えるのは便利なんだろう。ちょっと面白みに欠けるけど。

Intel CPUが品薄で価格高騰しているので、今回はAMD Ryzenで組むことにした。そんなにPC Specにコダワリは無いからな。CPUはRyzen 5 2600にして、後はミドルクラスのパーツで、入手可能なモノを揃えることにした。最近PCパーツは品薄のことが多いようだ。最終的には次のようなパーツ構成に決定した。

CPU AMD Ryzen 5 2600
MB ASROC B450 Pro4
Video ASUS PH-GTX1050TI-4G
Mem CFD W4U2400PS-8GC17 (DDR4 2400 16GB)
SSD Western Digital WD Black NVMe 250GB
Case CORSAIR CC-9011077-WW
Cooler Scythe SCCT-1000
PU Owltech AS-600 80PLUS GOLD
OS MS Windows 10 Home USB ver.

注文はすべてyodobashi.comになった。PCパーツだと在庫の豊富さだとamazonより上だった。価格は付与されるポイントを差っ引けば、amazonとほぼ同等かな。PCパーツは相性もあるので、返品の対応や手間を考えるとamazonよりyodobashi.comの方が買いやすい。価格は全部で12万円ぐらい。ポイント分を引いても10万円を超える。10万円以内に収めようと思っていたので、ちょっと予算オーバー。まあ仕方ない。