サラバFIAT500号

FIAT500号を手放した。10年乗っていた。長い間、ありがとう。

娘さんが免許を取得したので、娘さん用にと保持していたが、免許取得して数年経つが乗る気配は全く無い。娘さんも乗る気は全く無い。とのことなので、手放すことにした。売却先は以前にプリウスを売却したガリバー。

新型FIAT500が発売になった時に、限定車としてこのカナリアイエローが発売された。関内にあるFIATディーラー(チェッカーモータース経営)に行って即買いしたなあ。あの時の営業さんが良い感じにヘラヘラしていたのを良く覚えている。

娘さんが部活が忙しくなった頃だったので、FIAT500号で旅行した記憶は無いが、ワイフと都内に出かけたり、釣りに行ったりしたな。W400号、ド・ラスタ号、Z4号と共存していたから、遠方は彼らに任せて、東京神奈川が多かった。ああ、競馬場に撮影機材を積んで通ったな。懐かしい。

このサイズで1.4L 100PSエンジン 車重1t。キビキビと良く走った。かなりクセというか、味わいのあるクルマだった。欠点を上げればキリがない。フワフワのサス、異常に大きい回転半径、AT変速タイミングが可笑しい(マニュアルモードで乗るのがデフォ)、1st->2ndギア比が離れすぎ、荷物乗らない(後部座席倒せば広い)、後部座席狭すぎ、フォグランプ効かない、ナビ付いてない、等など。

しかし、これら欠点を補って余りある魅力があった。テンションが上がるイエローの内装、キビキビとした加速、無駄に良く効くブレーキ(このサイズで4輪ディスク)、高速道路での直進安定性(路面に吸い付く感じ)、悪天候での安定走行(暴風雨でも安定走行)、凍結路面でも何故か安定走行、等など。見た目とは似つかわしくない安心感があった。

車検まで1年あったので、もう少し保持していても良かったが、最近はホコリだらけで可哀想だったので、手放して、新たな飼い主さんの元へ出すことにした。走行距離は6万キロ以上なので、中古車相場だと50万円を切る価格で売っているらしい。エンジンは適度に回していたので好調。屋根付き保管だったので塗装は傷も無くキレイな状態。サイドのデカールは年相応にヤレが見える。ヘッドライトの曇りも無い。メッキパーツのサビも無い。タイヤも減ってない。

どこかの中古車屋で見つかるかもな。

そして、誰かの手に渡って、その人がクルマ好きになってくれると良いなあ。