引き戸のキャスターを交換する

リビングの引き戸の動きが悪くなっていたのには気付いていた。今日になって、どうにも、動かなくなってきた。仕方ないので、引き戸を外してキャスターをチェック。以前からキャスターにホコリがたまると、動きが悪くなっていることがあった。今回もホコリを取ればOKと、ラジオペンチでキャスター周りのホコリを引っ張り出して捨てていた。が、一つのキャスターの動きが不自然。硬いというか、引き戸から車輪の出っ張る高さも違う。良く良く確認してみると、キャスターが破損している。金属フレームが2つに割れている。これでは引き戸も動かない。

ワイフと相談して、住宅メーカーのメンテナンスを呼ぶ、このまま我慢する、自分でキャスターを交換するなど相談してみた。ネットでキャスター交換を調べてみると、自分でも交換できそうな雰囲気。

壊れたキャスターを外して、これを持って近所のホームセンターへ。現物合わせでサイズを探してなんとか見つかった。これと木工用ボンド(持ってなかった)、引き戸の隙間埋め用のゴム製のストッパーを購入。木工用ボンドは、ネジ穴を埋め木で埋めるために使う。

爪楊枝の先に木工用ボンドをつけてネジ穴に埋める。反対側のネジ穴にも同様に。ここに新しいキャスターをつけて、新しい木ねじをセットして、電動ドライバーで強引にねじ込む。あとは引き戸の隙間埋めのゴム製ストッパーを貼り付けて完成。

引き戸が軽くなりすぎて、軽く閉めても反動で開いてしまう(笑)。なんだか、今までより面倒くさくなったような気がする。

家研販売 調整戸車 SR2-Y4

家研販売 調整戸車 SR2-Y4