Amsterdam 3rd Day

少し遅めの起床。昨日のPride Paradeで疲れたのだろう。支度してからHotelで朝食を頂く。卵料理を注文できるのでポーチドエッグにしてみた。これは美味しい。チーズにジャムを付けて食べることを勧められる。確かに美味しいが、カロリーが気になる。それを気にしていたら旅行にならないが。

今日はAmsterdam中心地をブラブラすることになった。中央駅に近くにあるランドマークでもあるSt. Nicolas教会に行ってみる。日曜日なので礼拝時間で内部観光出来ず観光は平日午後の3時間だけらしい。ステンドグラスがきれいらしいので明日改めて来ることにする。

駅前からトラムに乗って、カバン博物館へ。カバンというよりはポーチに近いコレクションで、けっこうな数がある。たぶん倉庫にはもっと色々あるのだろう。カバンのコレクションは浅草蔵前にあるエースのカバン博物館のほうが興味深い。受付の女性から愛用のGlobe TrotterのBespokeを褒められる。先程も道ですれ違った人から声をかけられた。そんなに目立つのか。自分も使っている人は見たこと無いが。

そこから徒歩でEssential Antwerpenへ。名前の通りAntwerpenにあるアパレルブランドのAmsterdam支店。今日着ている毒キノコ柄のシャツは本店で買ったものだ。この時期に行くと秋冬モノが少し入荷していて、春夏モノはセール中なので、サイズの在庫が無い。案の定自分に合うサイズ=小さいサイズが無くて諦める。韓国には展開しているが日本には入ってないブランドなので、日本に来てほしいなあ。

トラムで1駅移動してShirtShop-Amsterdamへ。Amsterdam滞在の目的の1stはPrideで、次はココだ。派手シャツ専門の店で通販しないことをポリシーにしている。以前にFiveFoxも通販には否定的だった。アパレル系ではよく有る考え方なのだろう。昨年も来た店だ。店長はアジア系で良くしゃべる人だ。吉本所属の小林克也という感じか。Pride Paradeの団体のスポンサーもしているらしい。自分に合うサイズで良さげなのを6着ほど試着して、サイケ系とモンドリアン系、キノコ柄など4着購入。セール中で€50と安いのだ。定価で€70なので日本よりも安い感じ。更に€20割引して頂いた。多謝。また来ます。

お昼を過ぎたので花市場近くのインドネシア料理屋でランチ。インドネシアはオランダ領だったのでインドネシア料理屋が多い。久々に辛い料理と米を頂いた。やはり辛い炭水化物は美味しい。マンゴーサラダを注文したが期待したものでは無かった。

再びトラムで移動してDam広場近くのBy Popular Demandという雑貨屋へ。カード形式のカルトクイズの本?を多数扱っていて、映画、80年代音楽、旅行などのパッケージがある。これ欲しいのだけど重たいので買わないでおく。Amazonでも買えるしな。Keith Herringの積み木も欲しかったが、大きくて重たいので諦める。以前はダース・ベイダーの布団カバー(布団かぶって寝るとダース・ベイダーになれる)なども扱っていたが、著作権が某D社になったので売らなくなったのかも。

荷物が増えてきたので、一旦Hotelに戻る。Barで休憩してからワイフは部屋で一休み。自分は再び散策に出る。Dam広場近くでPrideのLiveをやっている。かなりの喧騒だ。歌っているのが名曲のカバーばかりなので、それほど有名な人では無いのだろう。そこからRed Light Districtへ移動。以前よりは減ったらしいがキレイなお姉さんは居る。完全に観光名所になっていて、本来の目的で訪れる人は少ないのだろう。自分も含めて。その他、欲望に忠実な店も多くて、以前の歌舞伎町のようで微笑ましい。大きな街にはこういう側面も有ったほうが健全だと思う。この辺りはハッパ系とかMagic Mushroom系、Tatooの店も多い。これだけ明る様に営業していると、悪いビジネスに成らないのだろう。

Hotelに戻りシャワーを浴びてから夕食に出る。一昨日も訪れたSea Food Restaurantだ。相変わらず満席で、予約しておいて良かった。生牡蠣、ホタテ、ツナなどを頂いた。食事しながら、帰国の予定を確認。ANAからMailが届いていて、Premium Economy Upgradeの入札は落選とのこと。あの金額で駄目とは驚いた。もともと空席が少なかったか。飛行機の時間を間違えて覚えていた。危ないな。それでもまだ一日半の時間がある。のんびり行こう。