Lap axe Travel Guitar届いた

調整中とのemailが届いたきり音信不通だったLap axe Travel Guitarが届いていた。Fedexで発送したならemailして欲しいところだ。無事届いたので良しとするが。厳重かつ丁寧に梱包されていたのだが、私の住所、氏名、emailが外箱に72ptぐらいの大きな文字で印刷されていた。これは個人情報漏洩なのでは。

外箱はこんなふうにラップで包まれている。この反対側に住所、氏名、emailがでかでかと書かれている。箱が少し凹んでいるようだが、問題なかった。

箱開けると専用ケースごとプチプチビニールにつつまれている。厳重に梱包されていた。

ケース開けると更にプチプチビニールに包まれたギター本体が。ちょっと感動する。

梱包をすべて外すとギターが出てくる。おぉ、写真で見たのと同じframed mapleだ。ピカピカだな。新品のギターを買ったのは久しぶりだ。最後に買った新品はYAMAHA SE700だったかも。

ブリッジ兼チューナー部はブラス製。作りは無骨で重量ありそう。このチューナーはチューニングしずらい。ちょっと回すとすぐ音程が変わる。それからクリップ式チューナーを挟む場所が無いので、久しぶりに耳でチューニングした。ブリッジ下に見えるエンドピンはアウトプットジャック兼用。

1 Vol, 1 Tone, pickup selector。Volの位置が少し邪魔だけど、それ以前に右肘をギターに当てられないので、右手の位置が安定しない。慣れが必要だな。

ヘッド部分もブラス製。各弦をイモネジで固定する。弦交換がかなり面倒っぽい。張ってある弦はどこ製なんだろうか。あんまりいい感じはしない。

指板はメイプル。そんなに仕上げが丁寧な感じはしない。値段相応だろう。フレットは太めかな。それよりも、20フレットまでだった。ちょっとショック。せめて21フレットは欲しい。

ボデイ裏側の仕上げが美しい。スルーネック式でヒールはカットされているので弾きやすい。欲を言えば、もう少し丁寧な塗装だと良いなあ。バフ仕上げにするとか。ここも値段相応か。身体に当たる部分がカットされているが、このサイズのギターだと不要だろう。

ボデイはフロントメイプルで、バックがマホガニー。スルーネックなので、ネック途中までメイプル指板、フロントメイプル、マホガニーの3層になっている。ネック上部までいくと、メイプル指板とマホガニーの2層になっている。手前に見えている穴はストラップピンを挿す。この辺の塗装はちょっと雑。値段相応。

軽く弾いてみたが、まだ慣れないのでなんとも言えない。弾いた感じと音に関しては後日、ゆっくりと書くつもり。