使っていないデジカメを整理

旅行用のデジカメを色々と考えていたのだけれど、手持ちのデジカメが無いわけではない。ここ数年、旅行でも全く使ってないデジカメが数台ある。

一つはSONY DSC-RX1R。フルサイズセンサーに35mm F2レンズ。最新式よりも若干AFが遅いことを除けば素晴らしいカメラ。画質はフルサイズ一眼レフと同等だろう。ただし重たいので持ち出しにくい。小型の一眼レフカメラよりも重たい。New York, London, Paris, Romaと回ったときに大活躍したが、なのでここ数年は防湿庫の番人になっていた。

さらにRICOH GRもある。APS-Cセンサーに24mm F2.8レンズ。フルサイズ換算で28mm F2.8。画質は一眼レフ並。操作性は抜群と言われている。が、どうもこの操作性に慣れることが出来なくて、娘さんとバルセロナ行って以来使ってない。良いカメラなんだけどねえ。

なので、思い切ってこの2台を売却することにした。代わりのカメラを買う予定は無いけどな。久しぶりにmapcameraに行ってあっさり売却してしまった。見積額は予想よりも高かった。どちらも人気カメラだからな。

最近は写真を印刷しないでスマホタブレットの画面で見るだけなので、最初からスマホで撮影しても何ら問題無いように思える。スマホ画質に不満はあるが、それでもサイズや位置情報付きなどメリットは大きい(なので小さいSONY RX0は欲しくなるんだよねえ)。

mapcameraの帰りにヨドバシのコンデジ売り場を見てみたが、ほとんど売ってない。10機種ぐらいか。以前のデジカメ大流行の時代を知っているだけに寂しく感じてしまう。まあ、カメラ売却して言うことではないが。