釣行記:リヴァスポット早戸

有休を頂いて、久しぶりにリヴァスポット早戸へ。最後に行ったのは昨年の12月だった。おおよそ半年振り。

ydf.hatenablog.com

昨晩のうちに釣り道具を準備しておいた。リールに巻いたPEラインはあんまり傷んでないのでそのまま使うことにした。ショックリーダーはフロロカーボンの0.8号。いつも使っている1.0号は使い切ったようで無かった。

当日はいつものように4時に起床。近所のすき家で牛丼+豚汁を食べて、GSでタイヤ空気圧とガソリン満タンにしてスタート。クルマはZ4号。釣りに行く時はFIAT500号のほうが使いやすい。路面凍結しててもなんとか走るし(FFだから)。今ならその心配は無いので、走り重視のZ4号で行くことにした。

圏央道を快調に走って6時にリヴァスポット早戸に到着。平日なので人も少ない。料金を支払って早速釣り開始。

連休明けだし、大雨もあったので、魚の数は少なめ。水の流れも速い。天気も快晴。コンディションはあんまり良くないし、案の定、魚の反応も悪い。YAKIMA BAIT ROOSTER TAILをキャストしてもほとんど追ってこない。ふわとろ35Fオムライスとストロベリーオレでポツポツと釣り上げる程度。それでも30分ほどしたら、少し反応が出るようになってきた。区画を移動しながら反応の良い魚を釣り上げていく。1時間に10尾ぐらいのペース。

それでも日が完全に昇って、谷間にあるリヴァスポット早戸に直射日光が当たるようになると反応が鈍くなってきた。自分も直射日光を浴びて、ちょっとシンドくなってしまった。水分補給とオヤツを食べながら続けていたが、9時過ぎたあたりでテンションが下がってしまった。

長い休憩を取るか、それとも引き上げるか考えた末に、今回の釣りは早々に納竿することとした。まあ、30尾ぐらい釣ったので、ほぼほぼ満足したしな。こういうのも有りだろう。

その後はZ4号でドライブ。新緑の富士山にでも行こうかと圏央道から中央道に入って河口湖で降りたは良いが、青木ヶ原ぐらいから濃霧で視界がほぼゼロ。これではドライブにもならない。仕方ないので御殿場のアウトレットでブラブラ買い物することに変更。平日なので空いているし。と思ったが、中国人ツアーの団体客が買い物に来ていて、結構賑やかだった。ブラブラしているうちに、アウトレットにも濃霧が押し寄せてきて、ちょっと怖くなってきた。お土産のゴディバのチョコ以外は買わず早々に退散。