ALBIT GC-1 Mark II

愛用しているCompressor ALBIT GC-1の後継機が発売になってた。

www.albit.jp

1998年に初代GC-1の発売から、 皆様に長くご愛用いただいたGC-1がMARK II に生まれ変わりました。
性能面で大幅な改良を施し、新たな機能とサウンド面で、力強く幅の広いコンプレッション効果が、ハイグレードなスタジオ機材に匹敵したサウンドを醸し出します。
コンプレッサーとしての音質は、初代GC-1と同様に、弊社こだわりの手造りをしている、コンプレッサーとして最適な光素子を採用しています(自社製フォトセルのご紹介

GC-1は20年前の製品だったのか。手持ちのGC-1で音質に不満はないけど、Mark IIは気になる。どの辺が改良されたのか。というか、まだ改良の余地があったことに驚いた。ALBITのやることだから、性能そのままにコストダウンとかじゃないだろう。従来は電源は専用ACアダプタ 9[V]のみだったが、今回から5[V]~9[V]になって、USB電源に対応になって、ACアダプタは添付されない。この辺はコストダウンかもな。アナログ回路なので、電源電圧が音質に影響するかもしれないが、私の耳では聞き分けられないだろう。

追記:

ネットの記事によると、従来のGC-1は大人しめの音だったのだが、Mark IIはしっかりCompressionが効くらしい。ちょっと方向を変えたのかも。私だったらしっかりCompressionを効かせたいならMXR Dyna Compを使いたい。。。。というお客さんをALBITに引き止めるのかも。