仕事ではじめる機械学習

ご多分に漏れず、仕事場で「これからは人工知能だ」「人工知能で何かやって」という不毛というか理不尽な指示や号令がかかっていた。上長の理解は、機械学習=深層学習=人工知能になっていて、もうゲンナリなんですけど、悪いことに組織のミッションを「人工知能を活用したXXX」に変えられてしまった。以前からチームのメンバーには深層学習とかやってもらっているが、良い結果が出せるデータというか対象はかなり限られているという印象がある。

なので、上長の説得材料として、例の黄色い本だけでは足りないなあ、と思っていたところに、丁度いい、ドンピシャな本が出版されたので、早速購入した。

www.oreilly.co.jp

これは良い本だ。というか、これは役に立つ本だ。上の方から「人工知能で何かやれ」と言われた時に説明資料として大活躍するだろう。大活躍してくれないと、私が困ることになる。今週は木曜日まで、この本で頑張ることにする。