クレカ不正利用の調査結果

昼過ぎにカード会社から電話があった。クレジットカードの不正利用の一部、国内での2件の不正利用の調査結果が出たそうだ。残り1件は海外での不正利用(正確には海外資本の会社のネット販売)で、この調査には時間がかかるそうだ(数ヶ月)。

調査結果の結果、この不正利用の2件は某旅行代理店Hの系列の格安航空券サイト(実店舗なし)で(不正)利用され、それぞれ香港からシドニーまでの航空券とシドニーから香港までの航空券だったらしい。購入したのが7月半ば(正確な日付は伏せます)、フライトが7月24日。フライト直前で購入したようだ。直前だと安いのかも。でもこれを売りさばいて利益を上げるのは難しいだろう。何故に香港~シドニーだったのか。海外客に売るつもりだったのか。

当たり前だが、私は香港には行ってないし、行っていたらパスポートに記録が残る。

それからカード会社からいくつか質問された。

  • 香港やシドニーに知り合いはいるか?
  • 過去数年の海外旅行の経験は?
  • ゴルフ場や温泉施設でロッカーを利用していないか?
  • 海外サイトで買い物していないか?
  • ヤフーで買い物していないか?

 

全て正直に回答した。このような質問があったということは、過去にこの質問のような状況でカードがスキミング、カード情報流出、あるいは盗難などがあったのだろう。恐ろしい。特にロッカーはスポーツジムで利用している。これからはスポーツジムの貴重品ボックスに入れることにしよう。

この結果、国内での不正利用は確認されて、私に対する請求は正式に無くなった。ただし、海外店舗の不正利用は調査継続。後日(いつになるのだろう)連絡がくるそうだ。

少し気分が軽くなったが、未だにクレジットカードを使う気分にならない。もう少し時間がかかりそうだ。