Brusselでの食事と買い物

旅行前のイメージでは、Amsterdamは食事は期待できないが買い物は楽しそう。反対にBrusselは食事は美食の街、なんて言われているの食事は期待で買い物は駄目、と思っていた。現地に来てみたら、これが反対だった。

Amsterdamはレストランもデザートも結構美味しい。オランダ料理なるジャンルはほとんど無いらしいが、港町だけあっってシーフードは美味しい。生牡蠣にムール貝、ニシンやサーモン、タラにマグロに舌平目などなど。実は連日生牡蠣とムール貝をお腹いっぱい食べてしまって、Brusselに来た頃には胃痛で辛くなって薬局で胃薬買って飲んでいた。またAmsterdamはポップカルチャーというイメージが強かったので買い物も楽しそうと思っていが、実際はそうでもなかった。

Brusselはベルギー料理やらベルギービール(酒は飲みませんが)が有名で期待していが、これがあんまり美味しくない。とにかく味が濃厚でクドい。不味いフランス料理みたいな感じ。煮込みすぎといか、ソースが不味いというか、素材の良さを殺しているというか。Google検索でベルギー料理レストランの評価が4.0未満ばかりなのも納得する。ベルギー料理で高評価4.5の店があったので行ってみたが、料理がそこそこ美味しくて安いから評価が高いようだ。

一番美味しかったのは有名なフリット(フレンチフライ)だな。これは美味しい。ベルギー料理がイマイチなためなのか、観光の中心地のグラン・プラス近辺にはイタリアンレストランが多い。

Brusselは意外と買い物が楽しい。マンガ博物館があるぐらいマンガ好きなのかフィギュアショップだったり、マンガ書店だったりもある。オモチャ屋も多いし商品が充実している。特にGrasshopperという店の品揃えは素晴らしい。大好きなハンドパペットの数が半端なく多い。実物大(?)のセサミストリートのパペットも売っている。知育系、ボードゲーム、カードゲームも種類も豊富。

アナログレコード屋も多い。かなりポリシーの強いアナログレコード屋もあったりして楽しい。路上でギター弾いたり、弦楽四重奏曲やったりするパフォーマンスも多い。ただし楽器屋はショボい。楽器博物館があるぐらいだから期待したがそうでもない。Parisまで電車で1時間ぐらいなので、そっちに行くのかも。

そしてチョコレートやワッフルなどのスイーツ系も充実している。美味しいスイーツが食べられるカフェが沢山あるのを期待していが、実はそうではなくて、美味しいスイーツを売る店は多いが、食べられる店は非常に少ない。その中でもPAULというパン屋はイートインを併設していて、スイーツ系のパンなども多いのだが、これが非常に美味しい。Brussel市内に店舗が多く、地下鉄駅や街中にもよく見かける。これはオススメです。