機内用トートバッグを作り直し

機内用トートバッグのパーツを切り出して、芯材を貼り付けてみたら、予想以上に重たくなってしまった。これはダメなパターンやね。作ったけど全く使わなくなる。

サイズはそのままに材料を変えることにした。軽くて丈夫な素材といえばナイロン。ナイロン生地で作ったことはないけど、まあ、なんとかなるだろう。

仕事場を早めに抜け出して日暮里トマトへ。丈夫で有名なバリスティック・ナイロン生地にしようかと思ったが、これは非常に重たいらしいのので辞めにして、普通より少し厚めの防水処理したナイロン生地にした。色は真っ黒でも良かったが、茶系のチャコールグレーがあったのでそちらにした。裏地は薄手の黄色いナイロン。持ち手のベルトも薄手で幅広のナイロンに変更した(ちょっと某メーカー風)。ファスナーもプラスチック製に変更。これなら軽く仕上がるだろう。これだけズバリの材料が一気に揃うのが日暮里トマトの良い店。最近のユザワヤでは用が足りない。

ナイロン生地なので水通しなど不要。バリバリ切り出してバリバリ縫いだけ。芯材は角田商店で買った片面接着の中厚を使う予定。