なんだかBassがほしいんだ その4

昨日は午後から時間があったのでBassを探しに都内に出た。楽器といえば御茶ノ水なのだが、実は先週の仕事の後で御茶ノ水の楽器屋に行ってみた。楽器屋を数軒回って、こちらの条件を告げて、条件に合うBassを出してもらった。条件はこんな感じ。

 

  • 予算は15万円前後
  • 新品中古は問わず
  • 中古で良い出物があれば中古優先
  • メーカー問わず
  • Jazz Bass形式
  • 重量は軽め
  • スラップはやらない
  • 出来ればPassive Pick upだけどAcitiveも可
  • 出来ればRosewood Finger Board

 

その数軒で出してもらったBassがほぼ同じような傾向があった。

 

  • 中古だとFender USA American Standard or Delux
  • 新品だとそのショップで注文した国産メーカー(フジゲン、Momose、Tokai)
  • 新品のFender USA American Professionalはあまり勧めてこない

 

そして昨日は新大久保のクロサワ Bass Centerへ行ってみた。ここでも同じ条件だと上記と同じ傾向で、Momoseがイチオシでした。

確かに国産Jazz Bassは良かった。音の出も良い、軽い。塗装も薄めのラッカー仕上げで良い。材料も良いらしい。でも優等生すぎて色気が無い感じというか、音に特徴が無い。

中古のFender USAは出物が一番多いみたい。それに、中古の楽器は前のオーナーの気持ちがチョット残っている感じが素敵だった。フラットワウンド弦が張っているのにビシビシ鳴るAmerican Standardとか、弦高低めで弾きやすいとか。

色々と見せて頂いたが、ちょっと決め手に欠ける。なので渋谷駅の南口の楽器屋も数軒回ってみたがあんまり良いのは無い感じ。店によって品揃えに偏りがありすぎて、自分のアンテナには何もヒットしなかった。ちょっと変わったBass探すなら良いのかも。

最後にイシバシ楽器の横浜店へ。この店も先週の仕事帰りに少し覗いている。中古のAmerican Deluxと展示品処分のAmerican Standardが条件に合う。これにイシバシのMovingサービスを利用してイシバシWeb ShopにあったJazz Bass Adam Clayton Modelを入れてもらっている。この3本を試してダメならBassは再考しよう。

1本目はAmerican Standard。元々の売値は24万円だけど展示品処分で18万ぐらい。FenderのBass Amp Headに繋いでならすと、おぉ、確かにJazz Bassの音がする。これぞJazz Bassというかクラシックな感じさえする。Rosewood Finger Boardに丸いPosition mark、サンバーストカラー。これぞJazz Bass。悪くない。けどチョット大人しいか

2本目はAmerican Delux。Finger boardはメイプルでSquare Position mark。ボディは黒。音は良い。音抜けも良い。パパッと前に出る感じ。中古なので前オーナーのセッティングで弦高が低いので弾きやすい。でも見た目はあんまり自分の趣味ではない。それを補うほど音は良い。Activeだからかもな。ネックは気持ち太いかも。

最後の3本目はAdam Clayton Model。実はAdam ClaytonのBassはそんなに好きじゃない。U2だとどうしてもThe Edgeに耳がいってしまう。Pick弾きが多いような気がするし。でもこのBassの見た目はカッコイイ。ターコイズグリーン系メタリック塗装にホワイトマーブル系ピックガード。そして、中古とは思えないほど傷が無い。全く無い。金属パーツの曇りも無い。ケースに入れて保管していたのか、前オーナーは全く弾いていないと思われる。

肝心の音は、これがチョット変な音(笑)。嫌いじゃないけど、Jazz Bassぽくない、Jazz BassとPrecison Bassの中間みたいな、結構ブリブリした音、ミッドが強調されたような音がする。Pick up自体か配線が少し違うのかも。ハイポジションを弾くとフレットレスのような丸い感じの太い音がするのだ。店員さんも興味深そうだった。あんまり前に出る感じの音には感じなかった。Pick弾きだと違うかもしれないが。

shop.fender.com

このBassは弾かずに数年間ずっとケースで保管されていたのでは?と思った。なのでまだ音が寝ているというか、ベストの状態では無いのではと。楽器をケースで保管するのは棺桶に入れるとの同じだと、K-YAIRIの道前氏も言っていた。

今まで色々と見たけど、Jazz Bass買うなら1本目が良いと思った。本物のJazz Bassという感じがする。見た目だったらAdam Claytonだな。ただ、本物のJazz Bassは他にもありそうだけど、Adam Claytonはクセが強いけど、これから面白そうな気がしたので、Adam Claytonを買うことにした。お店で会計だけ済ませて、持ち帰りは後日にした。その日は電車だったので、電車でハードケースに入れたBassを運ぶのは体力的に辛い。

これでBassは手に入った。ちょっとテンションが上がってきたようだ。