読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣行記:Trout Bait Finesse at リヴァスポット早戸

土曜日に用事がなかったので、リヴァスポット早戸でTrout Bait Finesseに初挑戦することにした。前回同様に朝4時起床。一昨日雪が降ったので、たぶん宮ヶ瀬の奥は雪が残っているだろうと予想して、Z4号ではなくFIAT500号で出発。Z4号はFRなので路面が凍結していると不安定になる。案の定、鳥屋の辺りから残雪が見え始めて、舗装林道に入ると路面がところどころ凍結している。先行しているバイクが諦めて引き返すようだった。FIAT500号で良かった。リヴァスポット早戸に到着すると、駐車場スペースは積雪5cmほど。日が当たる場所は雪が無かった。土曜日なので開場前なのにクルマも人も多い。チケット買う列に並ぶ人、準備する人など様々だ。

今回は新しいベイトキャスティングロッドとベイトリールを中心に使う。ルアーもマイクロスプーンは使わないで、プラグ系がメインとなる。予備でスピニングロッドも持ってきているが、使わずに済ませたい。すると、リールもロッドもルアーも全て初挑戦となる。雪の影響で水温も急に下がっているし、土曜日で人も多くてハイプレッシャー、条件としては良くない。今日は新しい釣具に慣れるのが精一杯で、魚が一尾でも釣れれば大成功だろう。

6時になって釣り開始。ほぼ真っ暗な状態で足元も雪が残っていて危ない。簡易橋も凍って滑りそう。適当な区画に入って釣り開始。ルアーは投げやすい大きめのスプーン。重さは約3[g]。マグネットブレーキはMAXでキャスト開始。思ったほど飛ばず、川の真ん中にしか届かない。これでは釣りにならんね。ブレーキを少し緩めると飛距離は出るがバックラッシュ気味になる。防寒着を着て手袋もしているので、練習のようにはいかない。どうもラインリリースのタイミングが遅いようなので、気持ちラインを早めにリリースするt,バックラッシュは防げそうな感じになってきた。ちなみに、魚のアタリは全く無い。周囲でも釣れている気配はかなり少ない。数名、ポツポツと釣っているような状態。かなりヘビーなコンディション。

少し明るくなってきたが、夜明けが近い。でも雲が厚くて朝日は見えなそう。この時間が一番冷える。川面からは湯気が上がっている。気温より水温の方が高いのだろう。今日は防寒用にハクキンカイロを心臓の位置に、使い捨てカイロをパンツのポケットに計2個、N-3Bの背中に2個貼ってある。それでも寒いねえ。

キャストが安定してきたので、ルアーをプラグ系に変える。前回良かったSHIMANOのふわとろをカラーローテしながらキャスト。ふわとろの重さが2.7[g]だが、たぶん水に濡れて3[g]以上になっているはず。今のロッドとリール、ラインの組み合わせだと、この3[g]が下限のようだ。これ以下の重さ、例えば2.5[g]スプーンだとキャストがかなり厳しい。キャスト時にロッドがしならない(曲がらない)ので、ルアーが手元に落ちる=バックラッシュする。ラインリリースタイミングを早めてもダメっぽい。試しに凧スプーン1[g]をキャストしてみたが、全く使い物にならない。自分は3[g]以上のスプーンが数個しかないので、スプーンでローテーションするのは現状では難しい。3[g]以上のスプーンで動きが良くてカラーバリエーションが多いものを探さねば。

ふわとろをカラーローテーションしながらキャストしていると、魚が追ってくるが寸前で見切られてしまうことが多かった。また、アタリだけ、あるいは、バイトしてもバラすことが多かった。今までこういうことが少なかったので、原因を考え中。見切られるのはハイプレッシャー、低水温など環境からくる要因もあるが、ベイトリール用のラインが蛍光オレンジなのも見切られる要因かも。今まではずっとクリアカラーを使っていたが、愛用のVARIVASのベイトフィネス用ナイロンラインがオレンジしかないのだ。クリかカラーのリーダーを付けるかな。バラしてしまうのはロッドが硬いから(ベイトロッドの中では柔らかい方だと思うが)か、ふわとろのフックが悪いからも(後述のYAKIMA BATE ROOSTER TAILではバラシが無かった)。

3[g]以上のルアーであれば、バックラッシュの回数はかなり減ってきた。ブレーキも半分より少し多めぐらいで大丈夫で、川幅程度の飛距離も出るようになってきた。ルアーローテーションついでに、集めてきたプラグ系ルアーの動作も確認してみた。バイブレーション系プラグはかなり速めに引かないと動かない。唯一、金属板系のバイブレーションはほどほどの速度でよく動く。また渓流用のプラグも速めの引きが必要。マイクロクランク系は概ね良好で、前述のふわとろ、クラピーは魚の反応が良い。RAPALAも動き良いけどキャストしにくい。ボトム系も魚が反応しているが、どうやってバイトにつなげるのか分からない。

今日の目的であった「新しい釣具に慣れる」は残課題もありますが、ほぼ達成できたかなと思う。釣果の方はトータルで10尾程度。かなり渋い結果だった。ふわとろとクラピーで数尾。残りは放流直後のYAKIMA BATE ROOSTER TAILで連続ヒット。流石のYAKIMA様だ。ちなみにフックはVANHOOKの細軸に交換してある。このスピナーが1/8[oz]=3.5[g]ぐらいだが、テイルの羽毛が水に濡れて重くなるので、実際は4[g]以上あるはずだ。なので、キャストが非常に楽で、飛距離も出しやすい。スピニング用のロッドだとちょっと重たすぎるが、ベイトだとちょうどいい。

今日はキャストばかりしていたらあっという間に時間が過ぎて16時に納竿とした。キャスト練習で終わったような気がする。残課題を整理して次回はリベンジ。Bait Finesseでまともに釣るぞ。