台北旅行記:釣具屋の話

10月の三連休に有給を追加して台北に遊びに行ってきた。今回で3回目になる。台北の旅行記はNet上に沢山あるので、普通の旅行記はそっちを読んだ方が良いと思います。

今回の遊びに行った目的の一つが台北の釣具屋に行ってみること。夕方にワイフがホテルで一休みしている間に行ってきた。

台北市内で一番釣具が充実していると思われるのが漁択釣具台北東華店。

:: 漁拓企業股份有限公司 ::

場所はMRT淡水新線の唭哩岸駅の改札出てすぐ。

品揃えはルアー系だったら台北で一番らしい。ただし、場所が台湾の台北なので、トラウト系はほとんど無し。バスはあるけど、メインは海系のようだ。置いてある商品はほとんど日本メーカー製。割高かと思いきや、それほどでも無かった。例えば、Shimano Aldebaran BFS XG 2015年版が8450NT = 28,000円ぐらい。

商品説明のPOPも日本語だったので、日本からそのまま持ってきたのだろう。メーカー毎に商品展示していたので、ユーザーのブランド志向が強いのか、メーカーの意向が強いのかは不明でした。

せっかく来たので、何か買って帰ろうかとルアーを物色。Megabassのトラウトルアーがあったので、2g Spoonを色違いで4個。レジ前のセール品だったDaiwaの1.5g Spoonを1個買ってきました。1個70NT = 230円なので安い方なのでは。

淡水の方に行くと、河口で釣りをしている人が結構いるし、台南や高雄の方に行くと釣り堀もあるらしい。次回台北に行く時は釣りをしてみるのも良いかも。