ミシンを点検に出した

愛用のミシン、Juki Sewing Master Proを点検に出した。この前、Liberty生地のシャツを作った時にボタンホールを何度か失敗しているし(その後、電源ON/OFFを繰り返して調子を戻した)、厚手の生地などもバンバン縫っているので、そろそろメンテナンスが必要な時期かと。

購入した藤沢ミシンの横浜西口店に電話したら、点検等は藤沢本店で取り扱っているとのことだったので、遊行通りにある藤沢本店へミシンを持ち込んだ。メンテナンス期間は1ヶ月ほどだそうだ。来週は台北に行っているので、しばらくミシンは使わない。台北から戻ってしばらくは釣りに集中しようかと思っている。釣りに飽きて、コートが必要な季節の直前にミシンが戻ってくればOKだ。

今年はえんじ色のコートが流行っている?ようなので、ステンカラーコートを作る予定。ちょうど、倉敷バイストンで買った11号帆布の柔らかいえんじ色の生地があるので、それを使ってみようと思う。裏地は日暮里トマトで買ったインド製の派手なナイロン生地が良いだろう。