猿号、再び修理

暖かくなってきたので、猿号に乗る機会を増やそうと思っている。が、猿号は約10年飼っているので、あちこち不具合も出ている。この前も大修理をしたばかりで、その時にメインスイッチがヤレているという指摘があった。接触不良だ。

猿号は40周年記念モンキーなので、キーも特別製。なので、メインスイッチを交換すると、特別製のキーが使えなくなる。ハンドルロック、給油キャップ、ヘルメットホルダーには特別製のキーが使えるが、メインスイッチは別のキー=普通のキーになってしまう。メカニックのお兄さんもその辺を考えてくれて、接触不良のメインスイッチの接点を磨いたりして、直してくれたんですが、やっぱりダメなんだな。

走っていて、ウィンカーが着かなくなるのは、かなりヤバイ。整備不良車で摘発されてしまう。。。ニュートラルランプが着かないのはどうでも良いんだけどね。。。。

ということで、メインスイッチを交換してもらうことにしました。来週中には完了するでしょう。猿号があれば週末に近所のプールに行くことも出来るしな。