ジャケット作成中

Full of patternさんからジャケットの型紙が届きました。製図用プロッタ(A0か?)で出力したと思われ、型紙が重なり無く印字されてました。つまり、全て切り出しても大丈夫。この辺りは良心的です。

一緒に送られてきた資料はほとんどありません。なので、ジャケットの縫い方は、別の資料を参照する必要があります。とりあえずは、クライ・ムキの本を見れば大丈夫かと。ただ、クライ・ムキの型紙と微妙に違うので、その辺は想像しながらかな。背中のベンツのところ、袖裾の作り方が良くわからないので、ベンツなし、袖口は何もなしに変更することにしました。また、裏付き前提だからなのか、前身頃、細腹、後ろ身頃の縫い合わせは、ウール系の生地を前提としているような仕上げ方。自分はコットン生地で作るので、かぶせ縫いに変更->縫い代が変更することに。

なので、結局、送ってきた型紙を製図用紙に写し取って、袖口、ベンツ、縫い代修正しました。

型紙は背抜きに近い裏付きの三つボタンテーラードジャケット。スタイルは細身。今風かと思われます。サイズ感は、最終的には分かりません。袖の接続はいせ込なしらしいので、そこは簡単かな。

生地は日暮里トマトで買った武州藍染の少し厚目のコットンを使ってます。一応接着芯も使いました。現在は、前身頃、細腹、後ろ身頃の接続が終わって、裏衿を縫いつけたところ。ここから裏地をカットして見返し、表襟をつけていく予定。今週末には出来るかね。