2014年のカメラ事業の見通しは、ピークの2010年の42%に縮小しそう

ニコンの憂鬱 カメラ市場縮小深刻化で、医療事業参入に巨額投資、市場から厳しい評価 | ビジネスジャーナル

 カメラ映像機器工業会が今年2月に発表した「2014年カメラ等品目別出荷見通し」によると、13年のデジタルカメラ総出荷台数は前年比36.0%減の6284万台で、14年は同19.6%減の5050万台の見通し。10年の約1億2000万台をピークに年々減少しており、14年はピーク時の42%に縮小する見通しだ。

これは仕方ないのかも。こういう時代なんだろう。 当たり前なんだけど、カメラからスマホに、というか、撮影機能単体デバイスから、撮影+通信複合デバイスに移行しているんだな。

自分はカメラが好き、結構好き。でも、カメラよりも写真が好き。良い写真が撮れる機材にはコダワルけど、そのカメラ自体には、それほどコダワラない。良い写真が撮れれば、それでイイ。なので、結構好きなカメラでも、それよりも良い写真が撮れるカメラが発売されると、サッサと古いカメラを売り払って、新しいカメラを手に入れようとする。いつでも、手に入る訳ではないけど。

自分にとって良い写真は何か?を説明する文書力が無いんだけど、その瞬間というか時間は記録した絵だと思っている。なので、その瞬間にカメラを持ってないと、良い写真が撮れないことになる。

いつでもどこでもカメラは持ってないんだけど、カメラ付きのスマホは持っているので、スマホで写真を撮ることが増えている。スマホの写真をカメラの写真と比べると、画質や品質が落ちるんだけどね、まあ、これでも良いか、というレベルまでスマホのカメラも性能が上がっている。物凄く上がっている。特にSONYXperiaは良い。なので、自分もすっかり、カメラからスマホに移行しつつある。

加えて、街中でスナップ写真を撮るのことが、物凄く難しくなっている。スナップが大好きなんだけど、スナップ写真=盗撮と思われるようになったよね。街中の写真なんて旅行先の観光地でしか撮れないんじゃないかな。

今の時代にアンリ・カルティエ=ブレッソンは誕生しないんだろうな。そう考えるとサミシイねえ。