London 3rd day

DSC00781


朝食は前日と同じEnglish Breakfastを頂いた。ワイフは普通のContinental Breakfast。ビュッフェ形式のだ。


DSC00744


午前中にワイフとバッキンガム宮殿に行く。9月半ばまで宮殿内部見学が可能だが、内部見学のチケットは事前予約必要で、中に入れず。残念だが仕方がない。


DSC00741


気を取り直してタクシーでボンド・ストリートへ。Londonのタクシーは運転もマイルドだいし、手を上げてもちゃんと止まってくれる。紳士的だ。しかし、目的に到着時にタクシー運ちゃんが釣り銭が無くて、手持ちのコインを全部もらう。結局チップ多めになる。残念だが仕方がない。


英国王室御用達の文具店、Symthsonへ入る。今回のLondonでのお買い物の目的地の一つ。色々と良い物が多い。色々とみた結果、娘の誕生日のプレゼントにジュエリーボックスを買う。3個限定の白い箱で、金具はイタリア職人の手作りだとか。当然、真鍮でなはなく金メッキ。高価だが良いだろう。店員はてっきり結婚祝いだと思ったらしい。そういう用途に使うことがほとんだとか。お土産には高価すぎたかもしれない。中敷きにイニシャルを入れてもらう。その待ち時間に色々と見て、両親にキーホルダーを買う。欧州を出る際に税金が戻るらしい。我々の場合にはローマを出国するときになるのだろう。


DSC00773


その近くにあるバーバーリー本店を見る。客はアジア系ばかり。中国人の団体観光客だ。彼らはよく喋る。それも大きな声で。だが、悪いことではない。今回の旅行で「ちゃんと話をすることが必要」だと感じだ。流石に本店だけあって、良い服が沢山ある。しかし、値段も良い。結局なにも買わずに出る。


DSC00967


店を出たところでタクシーを拾って、今度はキング・クロス駅へ。この駅にはハリポタのオフィシャルショップがあるし、例の9 3/4番線のセットがあるのだ。ハリポタファンなら写真に撮りたい場所なのだ。しかし、ものすごい長蛇の列。係員はハリポタのコスプレしているし、グリフィンドール、スリザリン、ハックルバックなどのマフラーも貸してくれる。ちょっと心惹かれるが、明日の朝にEurostarに乗るためにくるので、今は諦める。


DSC00972


お昼の時間が近くなったので、近所のアイリッシュ・パブでアイリッシュハンバーガーとスカンピでランチにする。ウィスキー好きにはたまらない店なんだろうな。


再びキングスクロス駅へ戻る。9 3/4番線の写真は諦めて、オフィシャルショップへ。店の奥はオリバンダーの店になっていて、杖(WAND)を売っている。娘のお土産にハリーのWANDを買う。ちゃんと箱に入っているところがスゴイ。あんまり安くないけどね。ちゃんと魔法の練習をしてほしいものだ。


KIng Cross駅から地下鉄でピカデリーサーカスへ移動。昨日見損ねたGlobe-Totter行く。小さい店だが、品揃えは豊富。良い、良すぎる!良すぎて、きっと使えないと思う。だが、コレクションとして欲しい。そんな気持ちを抑えて、結局買わずに店を出る。後日買っておけばと後悔した。やっぱり欲しかったなあ。


再びフォートナムメイソンでお茶する。この店は19年前に来た時には簡単な食事とアイスがメニューにあった。キドニーパイが美味しくて、数回食べた記憶がある。ちょっと懐かしい店だ。でも19年前なので、当時の面影はもうないけどね。


ピカデリー・サーカスの前の土産物屋で娘にTシャツを買う。こういう店も無かったなあ。時の流れを感じる。もう少しゆったりとした雰囲気のある場所だったんだけどね。自分が変わったのかもしれない。


DSC00994


地下鉄でホテルに戻る。少し早いが1Fのガストロ・パブ で食事。フィッシュアンドチップスとキドニーパイを注文する。パブの中でも外でも数人で延々と話をしている。なんの話をしているのか?仕事っぽい話をしているグループもあれば、雑談をしているグループも。要は日本の居酒屋なんだな。New Yorkにしろ、Londonにしろ、皆さん、食事中によく話をする。これは大事なことかもしれないな。


DSC00988


食後に地下鉄の駅へ行きOysterカードを解約。寝る前に荷物整理してしまう。日数が短いので整理は簡単に終わる。明日の朝はEurostarだ。


DSC00946