今邑彩と道尾秀介

先日インシテミルを読んでから、読書熱というかサスペンス小説熱が高まってしまった。立て続けに2冊読んでみた。一冊目はお気に入りの作家、今邑彩の「ルームメイト」。これは良かった。もう今邑ワールドですよ。ネタバレになるのであんまり書きませんが、サイコ・サスペンスがお好きな方にはオススメ。

ルームメイト (中公文庫)

ルームメイト (中公文庫)


もう一冊は初めて読んだ道尾秀介の「骸の爪」。横溝正史系の好きなタイプの展開です。道尾秀介は少しまとめて読んでみることにしました。「片目の猿」も買ってあるけど未読。楽しみ。。。

骸の爪 (幻冬舎文庫)

骸の爪 (幻冬舎文庫)