夜の川崎競馬場


http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3635028243/


仕事場を定時で脱出。今日はカメラ持参。川崎競馬場へ直行。川崎駅から直通バスで10分ほどで到着。大井競馬場より狭い感じがする。建物も古いかなあ。全体的な雰囲気が暗いかも。レーシングプログラムを頂いて、撮影計画を練りつつロケハン。おぉ!観客席とコース(ダート)が近い!今までで一番近い。最終コーナー近く、大ビジョン前は少し高台になっていて、撮影しやすそう。ゴール前も観客席とコースが近いので、マスコミ席はどこなのか良くわからなかった。後に、コースと観客席を隔てる狭い溝にフタをした非常に狭いエリアがマスコミ席だと分かる。マスコミ席と観客席の差は非常に少ない。


競馬場に着いたのが18時過ぎ。レースを中心に撮影開始。府中や大井よりも距離が近いので、感覚を掴むのに時間がかかった。200mm x2倍だと近すぎる感じ。日が暮れてからはエクステンダー外して200mmオンリーで撮影する。F値も稼げるし。競馬場周囲に樹木がほとんど無いので、背景整理が難しい。大ビジョンも背景として使いにくい。少し時間をかけて攻略する必要があるな。被写体が近いので、上手くすれば良い絵が得られそうな予感。


パドックは狭いのと、お客さんが満杯で撮影しにくい。川崎競馬場はコースが近いので、パドック撮影は思い切って捨てて、レース撮影に集中したほうが良さそうだ。


完全に日が落ちる。露出は大井のナイター同様にマニュアル。1/1000秒、F2.8(開放)にして試し取りしながらISOで調節。ゴール前は明るいのでISO3200ぐらい、4コーナーはISO4000ぐらいか。返し馬、レース本番の繰り返しで撮影続ける。


今日は10Rが第45回関東オークス。観客も増えて来た。競馬写真マニアもポツポツと姿を見せ始めた。キヤノン白レンズの人は二人ぐらいと、かなり少ない。なので、意外と撮影しやすかった。


http://www.flickr.com/photos/15023471@N04/3635028151/

関東オークスを制したラヴェリータの勇姿。このまま先頭でゴールでした。


撮影するときは馬券を買わないことにしているが、ちょっと時間が空いてしまったので、最後の4レースに\100ずつ買ってみました。全てレースで「三連単のサンニッパ」!当たればニコンのサンニッパも夢じゃない!というチョー高配当!サンニッパでサンニッパ!というダジャレも言えるぜ!


結果は全滅でした。サンニッパへの道は果てし無く遠い。。。


ちなみに明後日の金曜日も川崎競馬場で撮影予定。全レース撮影するつもり。そして、全レースでサンニッパ買うぜ。目指せサンニッパ!