SPORTモードは楽しい

昨日は天気が悪かったのでバイクに乗らず、FIAT500号でドライブへ。西湘BPから真鶴〜熱海と海岸線を走る。予想以上にETCは快適。これは良いねえ。何故もっと早く付けなかったのか。バイク用一体型ETCのJRM-12が発売になったらW400号にも付けよう。そろそろNAP'Sで予約受付しているかも*1


今回はデュアロジックのマニュアル動作で運転してみた。AUTOモードよりマニュアルの方が、クルマが安定して走るような気がする。オートだとシフトタイミングが、自分の感覚と少し違うようだ。マニュアルモードの方が操っている感覚が強いので、運転好きの人には良いだろう。停止時に1速に変速されているのが違和感があるが、便利といえば便利。


FIAT500 1.4には「SPORT」というスイッチがある。イタ車なので「スポルト」と呼ぶのが正しいかも。ディーラーの説明だとシフトタイミングが異なるということだったが、どうやら違うようだ。マニュアルモードで「SPORT」スイッチをONにすると、明らかにパワーがUPする。例えば西湘BPをマニュアルモードで65kmで走っているときにONにすると、ギア一定+アクセル開度が一定でもスワワワーと加速していく。瞬間燃費計の数値も目に見えて悪くなるので、燃料噴射量が変わるのかも。そういえばディーラーでONにすると燃費が悪くなりますと、と言っていたっけ。


このONにしたときのパワーUP感がなんとも言えず楽しい。根拠は無いが20%UPという感じ。気分はカリオストロルパン三世(笑)。未だ慣らし運転中で、回転数が上げられないので、SPORTモードで思い切り走れないが、これは楽しいかもしれないよ。