宮が瀬〜道志〜都留

天気が良さそうだったので、W400号で軽くツーリング。厚木から宮が瀬に出る。ふれあい館で一休み。相変わらずバイクが集まっているねえ。バイク乗り同士で話している風景も当たり前になってきた。サロンみたいだねえ。


宮が瀬から道志道へ出て西へ。いつもは山中湖方面から宮が瀬方面に向けて走っているが、今日は反対方向。走り慣れた道も新鮮。道志から見える山々も少しだけ紅葉の気配。来月上旬には美しくなろうだろうなあ。寒くなるだろうなあ。


道志の道の駅の手前から都留に抜ける道に入る。この道も反対方向には走ったことがある。交通量の少ない急な山道をガツガツと登っていく。頂上のトンネル手前にツーリング集団が。遅れた人を待っているのか。トンネルを抜けると下り。登りより穏やかに下る。秋の田舎道は風情があって良いねえ。真冬は雪が積もるのだろうか。


下りきって中央高速の都留IC付近で昼食場所を探す。夢庵があったので入ることに。期待せずに注文した「夢庵うまか丼」が美味しかった。納豆、オクラ、温泉卵、ネギトロ、イカ刺し等々がゴソっとご飯に乗っており、そこへドロっとした醤油をかけて食べる。これが良いかも。クセになる。


国道を大月方面へ少し走り、そこから県道35号線に入る。これまた走りやすい田舎道。トコトコと50km/hで走っていると、後ろから1BOX系のクルマがバンバンあおってくる。すかさず進路を開けて先に行かせる。こんな道で飛ばしてもねえ。ノンビリ走れないんだろうか。山梨から神奈川に入ったところで右折して厚木方面へ。少し走って左折。これも厚木方面へ。車幅制限2mの狭い道を走る。クルマだと辛すぎるが、バイクだと問題なし。突き当たりT字を右折してしばらく走ると、宮が瀬から道志道に出てくる交差点のスグそばに出た。再び宮が瀬ふれあい館で一休みして帰宅。このルートは田舎道を堪能するには良い。道志道は観光色が強いからね。