電子制御コンバインドABS

 この電子制御式「コンバインドABS」は、コンバインドブレーキシステム(前・後輪連動ブレーキシステム)とABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の双方を、電子制御化することで、従来のシステムに比べより緻密なコントロールを可能としたシステムである。スーパースポーツモデルは、車両のコンセプト上、ホイールベースが短く車両重量が軽量な設計となっているため、急激な制動時には車体が大きくピッチングする傾向にあり、この車体の挙動を安定させることができるブレーキシステムの開発が求められていた。

 今回の新たなシステムは、従来のスポーツモデルに採用してきた機械制御式のコンバインドブレーキシステムを電子制御化することで、制動時における前・後輪への制動力配分をより緻密にコントロールするとともに、ABSの作動についてもより高度なコントロール技術を採用している。このシステムによって、スーパースポーツモデルでもブレーキング時の安心感を高められるものとしている。

 なお、このシステムは、今後販売するスーパースポーツモデルへの搭載を計画している。

Honda 世界初、スーパースポーツモデル用新ブレーキシステム電子制御式「コンバインドABS」を開発

DN-01のATに続いて、前後ブレーキを電子制御で連動(ABS付き)ですな。バイクにも電子制御の波が本格的にやってくるんだな。車と同じ流れだな。PGM-FIも必須になっていくだろうし。将来的にはスクーター、ツーリングバイクとかにも展開されていくんだろうな。

車といえば現行FITのRSバージョンにはMT設定があることを知った。車重1t程度の小型車でMTだ。なんだか楽しそう。。。今時の国産車でMT設定があるのはいくつあるのだろうか。