技術の亡霊

仕事場にて、一回り以上も歳の若いF君より、10数年前に死滅したはずの技術の名前を聞く。懐かしさと共に、未だにその技術が残っていたことに驚く。元々は自分が所属するグループで考案した技術だが、時代と共に古く使い勝手が悪いことから、自ら死滅させたはずの技術だった。自分らのグループでは完全死滅させたはずが、他部門で細々と生きながらえていたようだ。まるで亡霊のようだな。ここまで生き残ってしまったので、そのまま放置しておくかな。