慣らしツーリングその3

昼過ぎから時間が空いたので、慣らしがてら三浦半島一周コースに出る。逗子から衣笠へ抜けてR16経由で観音崎〜三浦海岸〜城ヶ島〜R134のコース。COOPER号やスペシャ号、猿号でも良く走っていたコースだが、W400で走ると印象が異なる。風景が流れていく感じがとても心地よい。


R134が鎌倉から先で渋滞していたので、鎌倉から大仏脇〜鎌倉山のコースへ変更。鎌倉山に入ってすぐの登りの急カーブに入ったところで、対向車線を下ってきたロードバイクが、カーブを曲がりきれずにセンターラインをオーバー。正面衝突寸前でこちらが避けて事故にはならなかったが、危機一髪だった。ロードバイクが下りで調子こいてスピード出すからこうなるのだ。下りは登りより技術が必要だと思っている。登りは体力と気力と根性だけでも、ある程度はなんとかなる。


最近はロードバイクが流行しているのか、ロードバイクに乗る人の姿を多く見かける。それは良いことだとは思うのだが、ルールやマナーを守って乗って欲しいと思うのだ。スピード上げて歩道や自転車道を速度出して走るのは論外。自転車道は歩行者が多いのだ。ウエアや装備がいい加減な人も多い。最低限、ヘルメットとグローブはつけたほうが良いと思う。