徒然

谷恒生の大暴風を読破。軽いのでスルスル読めて楽しめる。あっという間に読み終わる。船内描写が少ないような気がする。上陸してからの描写の方がリアリティがある。軽い暇つぶしにはよいかも。この作者は多作量産系のようで、巻末の著作リストが半端でなく多い。多作な人は嫌いではない。