徒然

2002年12月分の日記を転記。読み返すせば、当時の情景が目に浮かぶ。私の何が変わったのだろうか?自らに問い掛けても答えは無い。風の向くまま気の向くままなのだ。