徒然草

花村万月(まんの字が携帯だと出ない)の真夜中の犬を読み始める。孤独と情熱を血肉のかよう文体で綴る。上手い。思わず引き込まれる。細部に神は宿るのだ。