事実は小説よりも奇なり

映画パーフェクトストームのDVDを借りてきて家内と一緒に見る。事実に基づく小説を映画化したらしい。迫力ある映像なので映画館で見るときっと楽しいだろう。自宅のTVでは今ひとつかも。それに、エンディングが今ひとつ。最後まで見て、「え〜、これで終わり?」という感じ。事実なので仕方ないのだろうが、もう少しドラマ性があってもよいかも。

F1アメリカGPを見る。途中寝てしまったが、最後まで見た。久しぶりにハッキネンが優勝したのは喜ばしいことだ。が、なんとなく引退試合のような和気あいあいとした雰囲気が、見ている気分をしらけさせる。もう少し本気で走ってほしい。特に、年間チャンピオンが決定しているシューマッハ、もう少し真剣になれよな。今年のF1シーズンも鈴鹿を残すのみなので、私の興味はすでに来シーズンにある。ライコネンが1勝できるかがポイントだな。