AmsterdamからKinderdijk観光

ワイフの「風車が見たい」とのリクエストでKinderdijkに行ってきた。発音はキンデルダイクと日本語のカタカタ発音で通じる。

Amsterdam近くのZaanse Schansザーンセスカンスにも風車があって、こちらは行き帰りも楽で、日帰りツアーも沢山ある。KinderdijkはUNESCO世界遺産になっていて、こちらの方が風車も沢山あるし風情もあるらしい。ただKinderdijkはAmsterdamから遠いので時間がかかる。しかも交通の便も悪い。

ここにAmsterdamからキンデルダイクへの行き方をメモしておく。

[1]Amsterdam中央駅でRotterdamまでの往復切符を買う

Amsterdam中央駅にはDomesticとInternationalの切符売り場があるので、Domesticの切符売り場カウンタでRotterdamまでの往復切符(Dagretour)を買う。往復はその日のうちなら使える。この切符が30.40€。急行券の往復券(ICd Toeslag dagretour)も一緒に買う。これが4.80€。ちなみに券売機でも買える。ちなみに二等車用切符(Klasse 2)。

[2]Intercityという急行でRotterdamに移動する

Amsterdam中央駅には自動改札(日本とほぼ同じ)がある。この自動改札は切符が無くても出入り自由なのだが、買った切符を改札にかざした方が良い。切符には"Check in and out is required"と書かれている。ちなみに切符にはICタグが入っている。トラムの切符にも入っている。使い捨てなのにコストがかかっている。

Rotterdam行きの列車ならThalys以外で二等車(Klasse 2)ならどれでも乗れる。二等車には客車側面に2と書かれている。日本の急行(特急?)に相当するIntercityという列車に乗るのだが、時々Intercity Directという列車がある。これはAmsterdamからスキポール空港とRotterdamをダイレクトにつなぐ路線で、途中スキポール空港にしか停車しないのでオススメ。

[3]WaterBus乗り場に移動する

Rotterdam駅の自動改札(ここは切符をかざさないと開かない)を出ると目の前にTourist Infoがある。ここでWaterbusにのってKinderdijkに行きたいというとWaterbusの時刻表と乗り場を教えてくれる。駅からWaterbus乗り場までは徒歩30分。歩くのが嫌な人はトラムを使う。トラムのチケットは1 Hour Ticketをトラム内で買う。帰りもトラムを使うか、途中で下車したい(途中に美術館などある)場合には1 Day TicketをTourist Infoで買う。1DayTicketはTourist Infoでしか売ってない。

[4] WaterbusでKinderdijkに移動する

Waterbus乗り場Rotterdam Erasmusbrugは一つしか無いが、ここに複数の路線が来る。202という路線がKinderdijkへの直行便。この直行便は基本的に夏場しか動いてない。しかも2時間に1本で、1日4便しかない。08:35/10:35/12:35/14:35。当然Kinderdijkからの帰りも4便しかない。10:03/12:03/14:03/16:03。これに合わせて計画する必要がある。Waterbusは所要時間は公称30分。実際には行きは45分かかった。帰りは30分。行きは河を遡るので時間がかかるのではないだろうか。

[5] Kinderdijkを観光する

Kinderdijkは広い場所に風車が散在して昔のオランダの風景が残っている。かなり素晴らしい。一見の価値ありだ。しかし広いので歩いて見学すると、たぶん90分はかかるだろう。歩くのが嫌な人は、クルーズ船(水路を一周して全部の風車を見る。所要時間30分)か、Hop-On-Hop-Off船(途中何箇所かで乗り降りできる船)、レンタル自転車のいずれかを利用する。自転車道が独立して走りやすいので(さすがオランダ)、レンタル自転車はオススメかも(雨が降ると辛いけど)。

風車の中を見学できるが、見学するにはKinderdijkの入り口でTicketを買う必要がある。

食事ができる場所が入り口近くに一つ、入り口から15分ほど歩いた場所に一つあるだけ。途中ベンチもあるので、お弁当を持ってくるのもアリだろう。当然途中で飲み物も売ってないので、必要な人は準備しておいたほうが良い。また、真夏でも曇るとかなり涼しいし、雨が降ると(オランダは雨が多い)寒いぐらいなので、何か羽織るものと折りたたみ傘があったほうが無難。ウィンドブレーカーがあると良いかも。

一番の問題は帰りの直行するWaterbusが4本しかないので、これに合わせて計画して移動するのが面倒なこと。最悪乗り損ねた場合、Waterbusを乗り継げばRotterdamまで戻ることは出来るようです。

 

こんな感じでKinderdijkに行ってきました。自分の場合には10:35のWaterbusでKinderdijkに行って12:03のWaterbusで戻りました。なのでKinderdijkには1時間も滞在してません。ワイフの膝が悪いので、これぐらいで十分です。それでも結構見れます。

Kinderdijkへn行き帰りは面倒ですが、それなりの価値があると思います。

#写真は後日UPします

Amsterdamに来ています

Thalysでブリュッセルロッテルダムを経由してAmsterdamに到着。駅の表記がオランダ語ばかりで分かりにくい。タクシー乗り場を探していたら駅構内でおっさんに話しかけられた(英語で)。ご親切にタクシー乗り場を教えてくれた。ありがたい。。。。ことは無い。海外で話しかけてくる人は100%詐欺師なので、教えてくれたタクシー乗り場はウソだろう。駅構内のインフォメーションを探して、そこでタクシー乗り場を聞いた。案の定、おっさんは嘘つきだった。

Amsterdamは噂通りの自転車社会で、大量の自転車が走っている。自転車専用レーンもあって環境からして自転車推しなのだ。駅前に大型の自転車置き場もある。4階建てで、日本の自走式立体駐車場と同じぐらいの大きさがある。道端にも大量の自転車が止めてある。自転車乗りには天国のように思えるかもしれないが、実際にはそうでも無さそう。かなり自転車の事故や盗難が多そうだ。せめて自転車ヘルメットをかぶった方が良いと思うが、Amsterdamではバイクもヘルメット不要なので、自己責任というやつなんだろう。

ホテルに着いてタクシーの運転手にチップを渡すとえらく喜んでいた。こちらもちょっと嬉しい。ホテルは古い邸宅を改造したらしいが、かなりキレイで洒落た内装になっている。パリのホテルも同じようなコンセプトだが、こちらの方がモダンで、使い勝手は良い。ホテル従業員にもチップを渡すとえらく喜んでいた。

着いた日の夕食はホテルのレストランで頂いた。クラシック・フレンチだが、味はかなり良い感じ。従業員の対応も丁寧だ。ビストロとは違うので当たり前だが、パリのビストロと比べてしまう。

翌日は予約していたゴッホ美術館へ。移動にはトラムを使っている。チケットはホテルで3日間有効パスを買った。ただの紙製カードのように見えてICチップ入りなので、スイカのようにタッチで乗り降りできる。素晴らしい。ただトラムは渋滞にハマるので、到着時間が読めない。渋滞の原因は、道路を整備しないのと、縦横無尽に走る自転車だろう。

ゴッホ美術館は、当たり前だが、ゴッホの作品が大量にあって圧巻だ。こんなにあるとありがたみが薄れる。その分人気があるので、とても混雑している。

ゴッホ美術館のすぐ近くにある国立美術館も良い感じで、レンブラントのNight Watchが圧巻だ。思っていたよりも大きな絵で驚いた。反対にフェルメールは小さな絵でこれも驚く。

その日の夕食はホテル近くの古典的レストランで頂いた。ガイドブックでも紹介されている店なので観光客は多い。日本語メニューもある。お値段はお手頃で味もそこそこ。ムール貝が鍋一杯に出てくるので食べ応えがある。素朴な雰囲気だが、デザートは気合が入っていて、味も濃いめでボリュームもある。ワイフは気に入っていたが、私には甘すぎて食べられない。ただし、ハードロックカフェの病的な甘さとは違う。味が濃いのだろう。

ホテルまでの帰り道の数分の間にCOFFEE SHOPが数軒あった。噂には聞いていたが本当に存在するのだな。ちなみにドラッグストアではオモチャが堂々と売られていた。欲望に対して色々とオープンな環境なのだろう。方向性は違うが日本も似たようなものだろう。

 

Paris経由でAmsterdamに来ています

昨日からワイフとAmsterdamに来ています。

その前はパリに2泊。パリで買い物をしようと思ったら、あいにくと日曜日でほとんどの小売店はお休み。仕方なくオルセー美術館ロダン美術館を見学。たまには芸術に触れるのも悪くない。ロダン美術館のお土産で考える人の大型レプリカ(30kg)がちょっと欲しかったけど4000€では買えない。全世界配送対応しているらしい。

パリのホテルは常宿のサンジェルマン。雰囲気は最高だが、年々働く人のレベルが下がっているような気もする。系列の有名ビストロも同様で、働く人があんまり楽しそうじゃない。そのためかビストロで空席待ちの列が短くなっている。ほぼ待ち時間ゼロで食べられそう。以前は2時間待ちだったのに。

テロの影響で観光客が減っているのかもしれない。

パリをあとにして、ThalysでAmsterdamへ移動。ちょっと良い席を予約したので食事が出るのだが、パリ北駅に美味しそうなサンドイッチが売っていたので、それを買って食べることにした。駅に大型荷物用カートが無いので、プラットフォームでスーツケースを運ぶのが大変だった。見栄っ張りでキャスターなしスーツケースを使っている自分が悪いのだが。

旅行の新Gadget

旅行に余計なものは持っていかないと言っておきながら、新しGadgetを買ってしまった。

今回はカメラもGoProも無し。撮影は全てスマホ。そのスマホだが愛用のNexus 6Pのバッテリが死にかけている。バッテリ残量30%ぐらいになると、電源が落ちてしまう。ひどい時は50%でも落ちる。ちょっと辛いので、新しいスマホ、Huawei P10 Plusを買ってきた。スマホの色は白と決めていたが、白いP10 Plusが無いので、仕方なくグリーンにした。このスマホには最初からフィルが貼ってあるし、ケースも付属している。このフィルムは何だろう?剥がしたらダメなんだろうか。

カメラは持っていかないが、双眼鏡は持っていく。双眼鏡はとても大事。小学生ぐらいから近視だったので、遠くのものがハッキリクッキリ見えるのは非常に感動するのだ。

Nikon HG 8x20を持っていくつもりだったが、ついついKOWA 8x22を衝動買いしてしまった。Kowa Genesis Prominar 8x22。これは良い。。。とても良いです。。。

スワロフスキーの8x25と比較したけど、やっぱりKowaは良い。なにより小さくて軽い。同じ値段でLeicaも買えるが、アレは見えが悪すぎなので比較する意味が無い。もちろん、ブランド価値はLeica > スワロ > ZWEISS >> KOWAですが、小型双眼鏡の性能は、KOWA ≧ スワロ > ZWEISS >>>>> Leicaでした(あくまで個人の感想です)。

ずっと溜め続けていたヨドバシのポイントを一気に使った。このために溜め続けたようなものだ。ちなみにケースには入れず、イージーラッパーで包んでカバン(グローブトロッター)に入れている。イージーラッパーは扱いやすくて好き。小型双眼鏡ならイージーラッパーのSサイズでも大きすぎるぐらい。8x33ぐらいでもSサイズで大丈夫(メーカによりますが)。

明日から旅行

明日から旅行に行く。随分前に飛行機のチケットを予約したが、あっという間に前日になってしまった。愛用のスーツケースに荷物をテキトーに詰めて、なんとなく準備が出来た雰囲気になっている。決定的な忘れ物をしているような気もする。

今回は余計なものはなるべく持っていかないようにした。服も5セット程度。ホテルでランドリーサービスを使えばいい。なんなら現地で買っても良いのだ。

 

急遽リベンジした機内用バッグはMA-1風コンビニ袋になった

仕事場の帰りにユザワヤに寄ってナイロン生地を物色。本当は日暮里トマトで買いたいところだが、あんまり時間が無いので仕方ない。日暮里トマトで見たMA-1生地が良いかなとか考えて、ユザワヤで物色していたら、ありましたよ!MA-1風の生地が。しかし、生地量が少なくて、70cmぐらいしかない。しかも折り目が入っている。これでギリギリかな。内袋はMA-1風にオレンジにしてみた。コンビニ袋をMA-1風にするために、中に綿を入れることした。自室に余っているシンサレート綿が有ったはず。

裏地付きのコンビニ袋の作り方は下記のサイトを参考にさせて頂いた。

antu-sso.cocolog-nifty.com

このサイトの説明内容が微妙に良くわからないんだけど、実際に作ってみると、確かにこのサイトの説明通りで正しいことが分かる。このサイトの管理人はよほど洋裁に慣れた人なのだろう。非常に勉強になった。

で、出来上がりはこんな感じに。生地がまさにMA-1という感じ。綿も多めだったけど、良い感じに仕上がった。

本当は持ち手の外側から底の方にかけてステッチを入れると更にコンビニ袋感が増すのだけど、せっかくのMA-1のモフモフ感が失われるので、あえてステッチは入れてない。サイズは大きめのコンビニ袋なので、ソコソコの荷物が入る。機内用のパーカー、サンダル、ネックピローに本数冊は問題無し。外側のMA-1風ナイロン生地は少々厚めなので丈夫だろう。

作成時間は4時間程度。練習用のコンビニ袋よりも大きいサイズなので型紙も作り直した。その時間を含めても4時間程度で出来上がる。反省点としては、このMA-1風ナイロン生地は切り出したらスグに端処理をした方が良い。作っているうちにバラバラと端がほつれてくる。綿は多めに入れたつもりだが、仕上がってみるとそうでもない。これ以上綿を入れると袋としては使いにくいだろう。

予想よりも良い感じで仕上がった。スペシャル感もあるし。非常に気に入っている。ただし、真夏に使うのはいかがなものか。夏旅行だと季節感は合わないが、今回はこれを使う予定。

そろそろまじめに旅行の支度をしなければな。

急遽リベンジした機内用バッグその1

リベンジってのは、あんまり健全な感情ではないですが、もう、リベンジしたくて、リベンジしたくて、たまらない。久しぶりの制作意欲に満ちた感じ。

トートバッグをもう一度作ると、また同じ結果になるような気がするので、機内用バッグの方針を大幅に変更することにした。で、どうしようかと少し思いを巡らせていたら、アニヤ・ハインドマーチのエコバッグを思い出した。ああいう雰囲気もアリだな。

でも、エコバッグだったら、いっそのことコンビニ袋でも良いか!と少しコンビニ袋の作り方を調べてみた。コンビニ袋の作り方は比較的簡単なので、逆にあんまり丁寧に説明しているサイトが無い。簡単なんだからテキトーに作れよ、ということか。

一枚仕立てで簡単に作る方法は分かったので、手持ちにシーチングで練習してみた。なるほど、簡単に出来るようだ。型紙はコンビニ袋の実物をバラして流用するのが多かったが、製図用紙でちゃんと引き直してみた。これは半分サイズで右側が「輪」になる。

これを2枚切り出して、縫い合わせるのだが、色々と細かい点に注意する必要があった。一応メモをとったが、これでは読めませんね。そのうち清書します。

出来上がりはこんな感じ。練習用なので、余分な糸とか切ってませんので、キタナイです。所要時間は型紙作成を入れても3時間程度。

コツは分かった。が、やっぱり内袋は着けたいなあ、とか色々と欲が出てくる。なので、本番用のコンビニ袋は内袋(裏地)も付けることにする。